歴史 エンタメ
マリー・アントワネットの真実 〜ツヴァイク、ベルばらを越えて
その歴史、ぜんぶ嘘でした!

ヴェルサイユ宮殿の総監修・フルサポートのもと、マリー・アントワネットを主人公にした漫画を描いた惣領冬実さん。彼女はいかにマリー・アントワネットに迫ったか。真実のマリー・アントワネットの姿とは? 

ヨーロッパ激震「世紀の結婚」

物語はマリー・アントワネットとルイ16世の次男、後のルイ17世となるルイ・シャルルが生まれた直後から始まります。

1789年に起こるフランス革命の4年程前、マリー・アントワネットとルイ・オーギュストにとって、この頃が人生で一番穏やかで幸せな日々だったのではないかと思われます。

ことの始まりはヴェルサイユ宮殿を舞台にしたマンガを描きませんか、というフランスの出版社グレナ社と講談社からの依頼でした。ヴェルサイユ宮殿が全面協力してくれて、現物の資料からデータまで、何でも見せてくれるという。すでに連載している『チェーザレ』の体制と比べたら想像するだけで天国です。

そのとき、どんな描き方ができるだろう、と興味が湧きました。

 

160ページで単行本一冊の企画でしたので、どの部分に焦点を当てるか悩みましたが、彼らの何がいま現在まで誤解、曲解されてきたかを踏まえた上で、アントワネットのお輿入れから、ヴェルサイユ宮殿で王太子妃として彼女なりに人生を歩み始める様子を描くことにしました。

少年少女の結婚がテーマといえば、何となく少女漫画を彷彿させますが、当時、大国であったオーストリアとフランスの皇女と王太子、二人の結婚は「世紀の結婚」と言われ、これによって敵対していた両国に同盟関係が生まれ、ヨーロッパ全土に大変な衝撃が走ります。今で言うならアメリカとロシアが同盟を結ぶくらいの衝撃だったようです。

この時マリー・アントワネット14歳、ルイ・オーギュスト15歳、現在でいうなら中学生の年頃、全くの子供です。まだ成熟していない子供同士が、国と国の政略で結婚させられてしまうのですから、近世とはいえ、まだまだ過酷な時代でした。

ツヴァイクの「創作」

マリー・アントワネットとルイ・オーギュストについては、オーストリアの作家であるシュテファン・ツヴァイクによる伝記が有名です。

しかしツヴァイクは歴史研究者ではなく、あくまで作家の立場からアプローチしているため、正しい部分もあるのですが、外連味溢れる表現に流される傾向があり、それがまことしやかに言い伝えられたことが、現在のマリー・アントワネット、ルイ・オーギュスト像を定着させるに至ったのだと思われます。

ルイ・オーギュストにおいても、冴えない風貌、背は小さく太っている等の表現がありますが、実際の彼は、15歳の段階で178センチあったという記録が残っており、後の処刑時には192センチの長身になっていたようです。

それに対してマリー・アントワネットはかなり小柄だったようで、コンピエーニュの森で二人が初めて引き合わされた際に、その姿を見た者たちは彼女が10歳から12歳くらいにしか見えなかったという記述を残しています。

後にマリー・アントワネットが髪の毛を高く盛ったりしたのも、背の高すぎる夫との釣り合いを考えて、美容師がアレンジしたのでは? などと、担当編集の北本とヴェルサイユ滞在中に冗談半分に話したりしていました(笑)。

マリー・アントワネットも15歳を過ぎたあたりから、身長も伸びて体つきも女性らしくふくよかになっていったそうです。それでも夫との身長差は結構あったと思われます。またマリー・アントワネットとの婚約時のルイ・オーギュストを描いた絵画や版画を見る限り、彼が瘦身であることが確認できました。

筋肉質な体軀でかなりの力持ちだったようで、錠前作りだけではなく自室の内装を職人達の陣頭指揮を執りながら自ら作業に携わったりと、今でいうところのDIYでしょうか。

そのために公式の場以外では動きやすい簡素な服装をしていたらしく、この辺りが王族としては冴えないと揶揄された原因でもあるようです。当時の宮廷では孔雀の如く華やかな衣装をまとい、力仕事などとは無縁のオシャレな男性が高貴で粋だと思われていました。