日本史 キリスト教
クリスマスの「お祭り騒ぎ」は100年以上前から批判されていた
【連載】クリスマスと日本人(10)

明治時代の日本人にとって、クリスマスはどんなものだったのか? 実は驚くほど初期の頃から、すでに敬虔な信徒が眉をひそめるような方向へと日本のクリスマスは進んでいたのだ。日本人とクリスマスのふしぎな関係を解き明かす好評連載第10回(→第1回はこちら http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47056

〔PHOTO〕iStock

最初の新聞記事

クリスマスの新聞記事のうち「新聞集成」で見つけられる最初のものは1875年(明治8)である。

以下の新聞記事については、読みにくい漢字は随時ひらがなに直し、また読みやすいように句読点を加えた。当時の新聞には難解な文字が多いが、ほぼ全文ふりがながつけてある。

「廿四日の夜はクリスーマスイブ、即ち耶蘇降誕の宵祭にて、中村敬宇先生の学校教師(カツクラム)先生の宅に、右の祭式がござりました。それにつきては東京有名の碩学先生やら、諸寮の奥様やらの御集会がござりました。その中にはゼネラル西郷公の奥方から御嬢様なども入らせられ、御同人様よりは大そう立派な造花をそなえられました。

また昨廿五日は商法学校の教師(ホイトニュー)先生の宅もクリストマスの祝宴ありて、碩学たちの集会がござりました」(東京曙新聞。12月26日付)。(ご存知の方が多いだろうが〝廿〟は〝二十〟を一文字で表す漢字である)

中村敬宇は、原胤昭のクリスマスにも来ていた中村正直。かれは数年前に『自助論』(西国立志伝)を出版して大いに売れ、著名人であった。ゼネラル西郷は、陸軍中将西郷従道のことである。

1875年当時、異人居留地ではクリスーマスが祝われており、上流階級の人たちや日本のインテリがそこに集っていることを紹介している。〝碩学〟の人しか来ていない。海外人たちとの交流の場ととらえられているのであろう。

鹿鳴館のパーティのようなものだと、想像されていたのではないか。庶民とは縁がない。

横浜居留地のクリスマス

次の記事は少し飛ぶ。その6年後。

これ以降の新聞記事の多くは〝横浜居留地のクリスマス〟の風景を伝えている。湯島天神の歳の市や、浅草の歳の市などと並んで、年末歳時記のひとつとして横浜の基督降誕祭の模様を伝えていることが多い。異人たちの街・横浜ならではの年末歳時記という記事である。

1881年(明治14)。朝野新聞。12月17日付

「横浜よりの通信に、来る二十五日の基督祭は例のごとく定めて賑わうなるべし、ことに本年は当日に富をなす趣きにて、昨日より富札を市中に売り歩くものあり」

これはクリスマスの1週間前に「富札」を売り歩く模様を伝えている記事である。クリスマスの宝くじというのは、少し不思議な感じがする。また「例のごとく賑わうだろう」と言ってるのだから、居留地においてクリスマスが賑やかに執り行われるのは、明治14年になるとすでに多くの人の承知するところになっていたようだ。

同年。東京日日新聞。12月26日付

「昨日はキリストマスにて、横浜本通の天主堂は大繁昌にて、午前七時ごろより説教などある様子なれども、門口には、本日奉教人のほか参堂相断申候、と大書したる札をかかげたれば、中の模様は知るをえざりし」

横浜の天主堂には、本日はキリスト教徒以外の参堂はお断りします、と大きく書かれた札が掲げられ、新聞記者も中の模様を知ることができなかったようだ。明治14年は、文明開化主義がひと段落ついて、保守反動的な動きが強くなっていたころであり、キリスト教徒や教会に対する何か不穏な動きがあったのかもしれない。

1884年(明治17)。東京日日新聞。12月26日付

「一昨日廿四日は耶蘇降誕日(クリストマス)の宵宮とて、横浜寄留地は当日の用意にて何となく賑わいしが、中にも百七十五番館にては、外国人の小児数百人を集めて籤引き(くじびき)をなし、造花そのほかの種々の手遊物(おもちゃ)を与えたれば、門外あたかも市をなせしという。

また昨二十五日は当日なれば、旧教家の天主堂はもちろん、新教家の百六十二番館等、いずれも生徒は午前九時より殊勝にも祭礼を執り行えり。居留地は一般銀行・諸会社・諸商館とも休業して、いずれも国旗を揚げ祝意を表し、殊に外国の貴婦人たちが、美服盛装して逍遙せしは、なかなかの観ものにて、年の暮れは知らぬかとぞ見えたり」

ここでは外国人の子供へ、くじ引きでクリスマスプレゼントが与えられるさまが報じられている。1881年の、市中でクリスマスの富札を売り歩く、という記事も、こういうプレゼント用のものか、もしくは寄附やバザーのようなものだったのかもしれない。(日本古来の富札というのは、だいたい神社仏閣が、その建物の修理建て直しの資金稼ぎのために行われていたものであった。)

結びの「年の暮れは知らぬかとぞ見えたり」というところには、日本人は年の瀬が迫ってきて慌ただしくあくせくと働いているというのに、キリスト教徒たちは、そんなこととは関係ないように優雅に休んでいることを少々うらやましがっている、というニュアンスが感じられる。