日本史 キリスト教
明治日本初のクリスマスに、アメリカが大いに気を揉んだ理由
殿様姿のサンタクロースが登場

明治政府は「宗教としてのキリスト教」は排除しようとした。日本の民衆もまた同様の気持ちをもっていた(前回参照 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49821)。しかし、その一方で、キリスト教の「文化」は大急ぎで取り込まなければいけなかった……。日本人とクリスマスのふしぎな関係を解き明かす連載第9回、いよいよ明治初のクリスマスへ!

キリスト教の「文化」だけ取り込め!

明治初期の日本の民衆にとって、キリスト教はあくまで邪教であった。

布教に来るキリスト信者を、ときに暴力的に追い払った。

キリスト教が広まると、生活共同体が破壊されるとおもったからだ。その恐怖から宣教者たちを激しく排除した。明治期の日本の共同体に、宗教としてのキリスト教は受け入れられなかった。

しかしいっぽうで日本社会は〝キリスト教の文化〟を急速に取り込まないといけなかった。

太平の世を過ごしていたら、アメリカが殴り込みをかけてきて、つづいて英仏露ら世界列強ランキング上位のキリスト教国もやってきて、一緒になって日本を〝最先端19世紀ワールド〟の舞台へひきずり出し、いきなりその序列に組み込んでしまった。

日本は、知らずに世界序列の最下位グループにランキングされ、列強国が上昇するための踏み台にされることに決まっていた。

これはまずいということで、拙い応対をしてる(と見えた)当時の政権を倒し、新政権が樹立された。新政権のとりあえずの目的は西洋列強の踏み台にされないことであり、その先の目標は、西洋列強と肩を並べることにあった。

まず世界ランキングの最下位グループを抜け出し、自主独立が認められているすぐ上のグループをめざした。

ただ、方法がわからない。非西洋エリアの国が、キリスト教国列強と肩を並べた歴史上の事例がない。

そこで「西洋国のシステムを徹底して真似て、取り入れる」ことにした。

国家の成り立ちから生活部分まで、政治経済、工業産業、軍隊、鉄道、法律、芸術、文学、建築、都市整備、学校、衣服に食事、暦法、休日とあらゆる部分で、西洋方式を採ることにした。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら