なんと粗末な代表質問!民進党のレベルは「お子様級」というほかなし
これで提案政党とは聞いて呆れる

これでホントに元総理?

民進党は大丈夫か。蓮舫代表や野田佳彦幹事長の臨時国会・代表質問を聞いていると、本当に心配になってくる。経済政策や憲法改正、TPPといった重要政策について、基本も分かっていないお粗末さが明白になってしまった。

9月26日に開幕した臨時国会は、新執行部体制が発足した民進党にとって初めての国会である。どんな新味を打ち出すのかと期待したが、残念ながら、これではとても安倍晋三政権に対抗できそうにない。

驚いたのは野田幹事長の代表質問だ。

野田幹事長は経済政策について「アベノミクス第一の矢の手詰まりはあきらか」としたうえで「マイナス金利は金融機関の経営に悪影響を与えている。日本銀行にマイナス金利を撤回させることを政府として要請することを提案する」と述べた。

「アベノミクスが手詰まり」というのは評価の問題だから、百歩譲ってよしとしよう。だが「金融機関に悪影響を与えている」というのはどうか。幹事長は日銀がいまでも金融機関に巨額の「補助金」を与えているのをご存じなのだろうか。

銀行はじめ金融機関は日銀に当座預金を預けている。2016年8月の月末残高は303兆円である(http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/cabs/)。このうち0.1%のプラス金利が付いている(付利)部分は209兆円、ゼロ金利部分は6兆円、▲0.1%のマイナス金利部分はどのくらいかといえば、わずか22兆円、全体の1割にも満たない。

日銀は情報を開示しているから、先に挙げたサイトにある8月分のエクセルファイルを開いてみれば、こういう数字はすぐ確認できる。

銀行はいまでも日銀に預けた当座預金の大部分に、正確に言えば付利の制度が適用になる当座預金294兆円の7割に0.1%のプラス金利が付いているのだ。

いま大手銀行の大口定期預金に付いている金利は預金1000万円以上でも0.01%である(たとえば、みずほ銀行、http://www.mizuhobank.co.jp/rate/deposit.html#teiki)。

普通の銀行当座預金に金利は付かない。銀行は、家計や企業が預けられない日銀の当座預金に預けているだけで、家計や企業が大口定期で得られる金利の10倍もの金利収入を得られるのである。

銀行は特別扱いされているのだ。これを補助金と呼ばずして、なんと呼ぶか。民進党は庶民の味方のようなフリをしているが、野田幹事長の言い分をみると、金融機関の味方と分かる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら