週刊現代 医療・健康・食
「芸能人餃子部」部長・鈴木砂羽さんが教える本当にうまい店!
一度は行きたい「名店リスト」つき
〔PHOTO〕iStock

ディープに食べ歩く芸能人餃子部

鈴木砂羽(以下:鈴木) 今回は餃子の対談ということで、「芸能人餃子部」の私たちが熱く語りましょう!

新井浩文(以下:新井) 砂羽さんは餃子部長ですけど、そもそもこの「部活」はどうして始まったんですか。

鈴木 私、餃子が盛んな浜松の出身なんだけど、地元ではそんなに餃子を意識したことなかったんですよ。でも、6~7年前に友人と東京で食べ歩きをしよう、という話になって。「蒲田においしい餃子店がある」と聞いて食べに行ったのが始まり。そのとき你好、歓迎、金春という蒲田の老舗御三家とか春香園に行ったの。

新井 最初から体育会系だったんだな。いまでも餃子部の活動がある日は4~5時間かけて、みんなで店をハシゴしますもんね。

鈴木 最後のお店までご飯も麺も禁止、餃子しか注文しちゃいけないしね(笑)。

それでね、蒲田の你好は羽根つき餃子(皮がパリパリの薄皮でつながった独特の焼き方)発祥のお店なんだけど、中国残留孤児だった社長さんが苦労して、その技を生み出したんですって。餃子って、そういう風に人生をかけて作ってる人がいるんだと思ったら、その深さに感動したんです。

それで、東京には名店やおいしいお店がいっぱいある。街歩きして食べる部活を作っちゃおうぜ、ってなったわけ。

新井 いま部員って何人くらいでしたっけ。

鈴木 57人、かな。でもみんな忙しいから集まるより「自主練」のほうが多いけど。自分が行ったお店のことをLINEで報告するんです。

新井 送ったことありますけど、反応がすごいんですよね。仕事が終わってスマホを見ると30通以上の返事が届いている。

鈴木 餃子愛よ!

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら