中国 東欧 中欧
「爆買い」の波、ついにここまで!ヨーロッパで見た「中国人の実態」
近藤大介の欧州レポート

今年の5月15日、中国河南省出身の女性、徐暁さん(52歳)は、かねてから夢だった自分の店「稲花香火鍋城」を、町の中心部近くにオープンさせた。本格的な中国式「鴛鴦火鍋」(ユエンヤンフオグオ=辛口と甘口が半々に仕切られたオシドリ様式の羊しゃぶしゃぶ)を提供し、黒に統一された広いテーブルが、1階と2階合わせて30卓も並ぶ大型店だ。店はオープン以来、ランチタイムもディナータイムも、地元の客たちで大賑わいである――。

と、ここまで書くと、中国の都市でよく見かける光景のように思えるだろう。だが、徐暁さんが店を開いたのは、北京でも上海でもなく、そこから8000㎞も離れたハンガリーの首都ブタペストなのである。

このハンガリー初の中国式火鍋店は、ユーラシア大陸の東側にある中国へなど行ったこともないであろう180万ブタペスト市民を、虜にしているのである。

私は今回、中欧と東欧の計13都市を、駆け足で回ってきた。そこで目にしたのは、「シリアの難民ノー、中国の投資移民&爆買いウエルカム」というヨーロッパの現実だった――。

東欧で起こっている地殻変動

冒頭のブタペストの話に戻ろう。地元のブタペスト市民に、「夕食はブタペストで一番人気がある店に案内してほしい」と頼んだら、「では本当にわれわれが最近、一番話題にしている『Aranytal Hotpot』という店でいいですか?」と聞くので、「OK!」と気軽に答えた。

車は旧市街のメインストリートの一つ、ラーコーツィ通りからフィウメイ通りを右に折れ、5分ほど行ったオークジテル地域の一角で停まった。車中、私はどんな豪華なハンガリー料理の店かと期待に胸を膨らませていたが、停車した大型駐車場の前にある館には、「稲花香火鍋城」という漢字の看板が掛かっているではないか。

はて? 店内に入ると、客を除けば、中国とまったく変わらない風景が広がっていたのである。

入口左手のタレを自分でトッピングするコーナーには、最もメジャーな芝麻油(ゴマダレ)に始まり、蚝油、生抽、辣椒油、海鮮醤、沙茶醤……と、13種類も自分でチョイスできるようになっていた。

フロアに出ている10人ほどの店員も、全員がハンガリー在住の中国人で、私を中国人客と勘違いした女性店員は、いきなり中国語で「微辣還是中辣?」と聞いてきた。いわゆるオシドリ鍋の辛さを、弱い辛さにするか中辛にするかと問うているのだ。私が「那微辣吧」(弱い辛さにして)と答えると、ポンと中国語で書かれたメニューを渡される。

羊肉のしゃぶしゃぶ、エビ、キノコ、豆腐、セリ、白菜、香菜……。それに手作りの水餃子まで、中国で食べるのとまったく同じ味の皿が、次々に出てきた。夜遅めに店に入ったにもかかわらず、店内は大盛況を呈している。奥の席では、華為(ファーウェイ)社員たちの宴会も入っているという。

正直言うと、遠くハンガリーまで来て、中国の火鍋を食べたいとは思わなかった。だが図らずも、この東欧の首都で起こっている地殻変動の一端を垣間見た気がした。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら