北朝鮮核問題。ついに日本も「攻撃能力」を考える時がきたか
対応が後手に回ってはマズイ

脅威にどう対抗するのか

日本海に向けた北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて、日本の防衛体制に対する懸念が高まっている。日本は迎撃ミサイルで撃ち落とす構えだが、それだけで本当に大丈夫か。敵の基地をたたく「策源地攻撃能力」の整備を急ぐべきだ。

北朝鮮は9月5日、日本海に弾道ミサイル3発を発射した。中距離弾道ミサイル「ノドン」か短距離弾道ミサイル「スカッド」とみられており、日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾した。

日本政府が確認しているだけで、北朝鮮は今年に入って21発のミサイルを発射している。8月3日にもノドン2発がEEZ内に着弾し、同24日には潜水艦発射ミサイル(SLBM)も発射された。漁船などに着弾していたら一大事だった。

北朝鮮は9月10日、5回目の核実験にも成功した。弾道ミサイルへの搭載を想定した「核弾頭の爆発実験」とみられている。5回の核実験に成功すれば小型・軽量化が格段に進むと言われていたが、北の核ミサイルはいよいよ現実味を帯びてきた。

こうなると、核とミサイルの脅威にどう対抗するのか、が問題の核心になる。

日本はミサイル攻撃には二段構えの迎撃ミサイルで撃ち落とすのを防御の基本にしてきた。第一段は敵ミサイルの発射直後に大気圏外で迎え撃つイージス艦発射ミサイルの「SM-3 Block2A」、第二段が大気圏に再突入した後、地上から迎撃する「PAC-3 MSE」である。

パトリオットの名前で知られるPAC-3は、防衛庁や島嶼地域などに配備されるたびに映像が公開されているので、見覚えがあるだろう。

【PHOTO】gettyimages

ノドンの速さはマッハ7以上とも言われている。そんなミサイルを「ミサイルで撃ち落とせるのか」という疑問はだれでも抱く。迎撃の命中率は米国の実験でSM-3もPAC-3も80%以上だった。ということは、残り20%弱は失敗という話でもある。

SM-3とPAC-3に加えて、韓国が配備を決めた高高度防衛ミサイル(THHAD)を日本も採用する案もある。北のミサイルに脅やかされているのは、日本も韓国と同じなのだから、THHADも前向きに検討すべきだろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら