中国 威海
「中華帝国の復権」という野心がはらむ、破局的末路の予感
近藤大介の威海レポート【後編】

近藤大介の威海レポート【前編】はこちら(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49756

岐路に立つ巨大財閥

コリアタウンへ来て知ったが、威海に旺盛に投資している韓国企業の代表格と言えば、ロッテグループである。そして威海の旧市街の中心部に、ロッテデパートの旗艦店があるという。そこで足を伸ばしてみることにした。

26路バスに揺られること40分、旧市街の中心である威高広場に着いた。バスを降りると、目の前に4階建てのロッテデパートが建っていた。入口には、「8月15日 オープン3周年」の垂れ幕が掛かっていて、8月13日から15日まで3日間限定の大セールをやっていた。

店内は、先ほどのゴースト・コリアタウンに較べればだいぶマシだったが、それでも年に一度の大セールにしてこの程度かと思うほどだった。例えば、1階から地下へ降りる長いエスカレータには、私が乗った時、前方に二人しか乗っていなかった。

地下の食品売り場の一角に、ワインショップがあったので覗いてみた。「高いワインを見せてほしい」と言ったら、特別のワインセラーに案内された。そこには、サンジュリアンやポーイヤックなど、1本3000元前後のフランスワインが20本近く並んでいた。その品揃えを見る限り、威海には一定の富裕層が存在する気がしたが、ワインショップに客は皆無だった。

ロッテホテルに隣接した歩行者天国の地下が、「韓潮街」と書かれた200mほどの韓国商店街になっていた。だが地下へ降りると、そこは「ゴースト地下街」だった。打ちっぱなしの荒々しい灰色の鉄骨が広がっているだけで、店どころか道もない。

この地下街を挟んでロッテデパートの向かいに建つ威高広場の3階建てデパートも、すでに店舗は畳まれていて、廃墟と化していた。スマホで検索してみると、ここには2013年4月15日に、ロッテマートという威海第二の巨大スーパーマーケットがオープンしたが、2年後の2015年7月末に閉店していたことが判明した。

眼前の電柱には、「韓国との提携の新たな1ページを切り拓こう」「中韓のベストの貿易の道を打ち立てよう」「韓国からの輸入品の集積地を建設しよう」といった勇ましいスローガンが貼られている。どれもがいまや虚しいスローガンだ。

こうしたことから、ロッテデパートは相当、危機感を抱いているようで、3周年の大セールが済んだと思いきや、今度は8月22日から丸々1ヵ月に及ぶ韓国物産展を始めた。月曜日から木曜日までは毎日、各種景品が当たる抽選会、金曜日から日曜日までは50元以上の買い物をした先着500人に、韓国直輸入の500mlのシャンプーかリンスを1本プレゼントするという。

ロッテグループは本国で、創業者重光武雄(辛格浩)氏の長男・重光宏之(辛東主)元ロッテグループ副会長と、次男・重光昭夫(辛東彬)会長によるお家騒動が泥沼化している上、税務査察が入って8月26日には、グループのナンバー2である李仁源副会長が自殺した。韓国第5位の巨大財閥は、本国でも威海でも、岐路に立たされているようだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら