ゴルフ
プロゴルフツアー、選手はもう「大金」だけでは動かない?
アイディア勝負の欧州ツアーを見習え
2006年6月、「フェデックスカップ」導入を発表する米PGAツアーのティム・フィンチェム会長〔PHOTO〕gettyimages

文/舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

ドキドキの新システム?

米ツアーにフェデックスカップが導入され、初めて実施されたのは2007年のことだった。

年間を通じたポイントレースを行ない、シーズンエンドには4試合のプレーオフ(ザ・バークレイズ、ドイツ銀行選手権、BMW選手権、ツアー選手権)を開催。最終戦終了後、最大ポイントを獲得した総合優勝者には10ミリオン(1000万ドル)のビッグボーナスを授けるドキドキの新システムだ。当初は「えっ? 10ミリオン!?」と誰もが驚く、それはそれは画期的な新施策だった。

だが、初年度に総合優勝に輝いたのはタイガー・ウッズだったため、「フェデックスカップは米ツアーがタイガーのために創設したシステムにほかならない」と、米メディアからずいぶん揶揄されたものだ。

2年目の2008年は最終戦を行なう前からビジェイ・シンの総合優勝が確定してしまい、「一体どこがドキドキのシステムなんだ?」と、再び批判が巻き起こった。

以後、幾度にも渡ってシステム改良を行ない、現在は最終戦に進出するトップ30名の誰にも総合優勝に輝く可能性が残されるシステムとなり、以前のような批判の声は影を潜めている。

だが、それでも昨年は「どっちが上か? 何が上か?」という議論が巻き起こった。

昨シーズンのヘンリック・ステンソンは年間で1勝も挙げられなかったが、トップ10入りが7回、さらにはプレーオフに突入してから2位、2位、10位と上位入賞を重ね、最終戦では優勝しなくても3位タイ以上なら総合優勝となる状況を迎えた。

年間1勝を挙げた選手より未勝利ながら上位多数のステンソンのほうが評価される存在なのか? メジャー優勝者よりフェデックスカップ総合優勝者のほうが大金を手にすることになるのか? レギュラー大会で3~4勝より、プレーオフで上位数回のほうが効率がいい?

一体、どっちのほうが上なのか? 何が上で、何が下なのか? そんな比較論が方々で持ち上がったりもしたのだが、結局、最終戦を制したジョーダン・スピースが年間5勝と総合優勝に輝き、最後は「それなら順当」とみんなが頷く穏やかなシーズンエンドになった。

昨年、最終戦のツアー選手権を制し10ミリオンを手にしたのはJ・スピースだった〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら