ボクシング
ミドル級の帝王ゴロフキン、いよいよビッグファイト実現なるか?
強豪同士の対戦を阻む「壁」

帝王ゴロフキンの不出来

ピークにいる強豪同士の対戦は往々にして実現しない――。ボクシングマニアはその状況に慣れてしまった感があり、マッチメークの物足りなさがこのスポーツに新しいファンを惹きつける妨げになっているのは事実である。

しかし、皮肉な話だが、ミドル級の帝王ゴロフキンが最新の一戦で不出来に終わったことは、近未来の彼を助けるかもしれない。

9月10日にロンドンで行われたウェルター級王者との最新の防衛戦。ひとまわり身体の小さいブルックを1ラウンドに左フックをぐらつかせたときには、早期決着の予感も漂った。

ブルックに苦戦もビッグマッチ実現に追い風が吹きそうなゴロフキン〔Photo〕Will Hart/K2 Promotions

だが、この日のゴロフキンは雑な試合運びと大振りが目立ち、2ラウンドと3ラウンドは相手のパンチを頻繁に受けてしまう。

勝敗自体は疑われるものではなく、結局はパワーと体格差にものを言わせて5ラウンドでストップに持ち込んだ。それでも最近の防衛戦と比べ、質の劣るパフォーマンスだった感は否めない。

「ブルックはミドル級選手じゃない。スパーリングみたいなものだったよ」

リング上でのインタビューではそう言い放ったゴロフキンだったが、自身の採点は10点満点で3点と辛口だった。一部で噂された通りコンディションが悪かったのか。あるいは2階級下のブルックを軽く見ていた部分があったのか。

いずれにしても、34歳にしてとどまるところを知らなかった評価の上昇にも、ひとまず歯止めがかかった感がある。

9月10日 ロンドン O2アリーナ
WBC & IBF世界ミドル級タイトルマッチ

王者
ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン/34歳/36戦全勝(33KO))

5ラウンド終了TKO

IBF世界ウェルター級王者
ケル・ブルック(イギリス/30歳/37戦36勝(25KO)1敗)

思わぬ苦戦で挑戦希望続々

果たして、出来の悪かったこの試合を終えて、WBA正規王者ダニエル・ジェイコブス(アメリカ)、WBO王者ビリー・ジョー・ソーンダース(イギリス)、ランカーのクリス・ユーバンク・ジュニア(イギリス)らがソーシャルメディア上で次々と最強王者への挑戦希望を表明した。

これまでも多くのファイターが「ゴロフキンと戦いたい」と一応は宣言するが、実際に交渉が始まると何らかの理由をつけて破談に持ち込むのがパターンだった。

サウル・“カネロ”・アルバレスも一時はゴロフキンを挑発しながら、結局は対戦を避けた1人〔Photo〕Tom Hogan/Golden Boy Promotions

ただ、商品価値の高い選手がスキを見せた瞬間、周囲にライバルが群がってくるのがこの業界の常套。だとすれば、やや集中力を欠いたブルック戦のあとに、ゴロフキンが望んでいたビッグファイトがスムーズに成立しても驚くべきではないのかもしれない。

特にWBA はスーパー王者のゴロフキン、正規王者のジェイコブスに対し、30日以内の交渉、120日以内の指名戦挙行を義務付けた。

このジェイコブスは9月9日にセルジオ・モーラ(アメリカ)との再戦に7ラウンドTKO勝ちし、4度目の防衛に成功したばかり。これでタイトル戦で5連続KO中と、29歳のブルックリナイト(ニューヨークのブルックリンに住む人の愛称)も波に乗っている。
 
ゴロフキンは11月26日に次のファイトを行いたい意向で、一方のジェイコブスは12月にブルックリンで試合を予定している。試合間隔的にもぴったりくるし、ニューヨークにファンベースを持つジェイコブスとゴロフキンとの対戦なら興行的な成功も間違いない。

だとすれば……この一戦が実現すれば、2016年終盤を彩るビッグイベントになるはずである。