医療・健康・食 週刊現代
「アンデスメロン」のネーミング、あの山脈とは無関係だった!
冗談のようなホントの話

正真正銘の日本生まれ

小ぶりで値段も手頃ながら、果肉が締まって甘さは強く、しかも一年中入手可能なことから人気の高い「アンデスメロン」。

そのネーミングから、南アメリカ大陸にそそり立つアンデス山脈の周辺が原産地の品種なのか、と思いきや、じつはこれ、正真正銘日本生まれの日本育ち。アンデス山脈とはいっさい関係ない。

のどかなアンデス山脈(カヤンベ山)の風景〔PHOTO〕gettyimages

アンデスメロンが誕生したのは'77年のこと。当時はまだ、甘味が強く網目のあるものといえば高級品種のマスクメロンだけで、一般家庭は網目のない、マクワウリがメロンとして浸透していた。

なぜなら網目のあるメロンはガラス温室で手間ひまかけて育てなくてはならず、しかも1本のつるに実るのはたった1個。生産者泣かせで栽培の難しい果物だったそうな。

「もっと簡単に育てられて、1本のつるに複数の実がなるメロンを作れないものか……」

長年の試行錯誤の末、ついに日本を代表する種苗メーカー・サカタのタネがそれを実現する新しいメロンの開発に成功する。

さて、そうなると大切なのが名前付け。たとえば、イチゴの代表品種「あまおう」は「あかい」「まあるい」「おおきい」「うまい」の頭文字を組み合わせて名付けられた。業界内では、新品種はその特徴をよくつかみ、かつ覚えやすい名前にすると相場がきまっている。

そこでアンデスメロンを開発した担当者がその特徴を列挙してみたところ――今までより簡単にたくさん収穫できるため、作る人にとって「安心です」。さらにお客さんに手頃な価格で提供できるので、売る人にも「安心です」。味に当たりはずれがなく、買う人にも「安心です」。

かくして三つの「安心です」を略す形で命名された「アンデスメロン」。冗談のようなネーミングとは裏腹に、瞬く間に人気を集め、大衆メロンの代表格として親しまれるようになったという。

アンデスメロンの名前を見た時にはぜひ、美味しいメロンを“安心”して食べられるのは長年の研究の賜物だということを思い返して欲しい。(栗)

『週刊現代』2016年9月24日・10月1日合併号より