メディア・マスコミ ジャーナリズム
朝日新聞が「甲子園」を1面ニュースにするのはジャーナリズムか?
大手紙にはびこる報道を装った広告

「自社モノ」は露骨な企業PR

権力側が報じてほしくないと思うことを報じるのがジャーナリズム、それ以外はすべてPR(広報)――。英国の作家ジョージ・オーウェルが残した名言だ。

前回の当コラム(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49623)で書いたように、「権力側がメディア側に報じてもらいたいニュース」が発表報道であるとすれば、日本の主要紙では朝刊1面の大半が実質的に権力側のPRで埋められていることになる。

それ以上に露骨なPRもある。いわゆる「自社モノ」だ。

自社モノとは、自社と特別な利害関係を持つニュースのことである。例えば、朝日なら高校野球の甲子園大会、読売ならプロ野球の読売巨人軍などが自社モノに相当する。朝日は甲子園大会の共同主催者であり、読売は巨人軍のオーナーであるためだ。

日本では自社モノが幅を利かせた報道が当たり前になっていることから、「スポンサーなのだから大きく報じるのは当たり前」と思われがちだ。しかしこれは本来のあるべき姿ではない。新聞紙面はあくまで報道の場であってPRの場ではない。

新聞社は読者にとって大きなニュース価値があると判断すれば1面で大きく報じるし、それほどのニュース価値がないと判断するならば中面で小さく報じる――これがジャーナリズムである。自社の利益ではなく読者の利益を第一に考えれば必然的にこのような形になる。

ところが、ニュース価値があるかどうかに関係なく、自社モノが新聞1面に紛れ込むのが常態化している。全国紙(読売、朝日、毎日、日本経済、産経)と東京新聞の6紙を選び、6~8月の朝刊1面(東京本社版)を点検したところ、新聞社が主催したり後援したりしている記事は毎日で16本、東京で8本、朝日で7本に達した。

自社モノ17本と一番多かった毎日新聞を具体的に見てみると、日本野球連盟と共催する都市対抗野球大会が10本、後援する高校野球甲子園大会が4本、主催する全国農業コンクールが1本、朝日と共催する将棋名人戦と単独主催する囲碁本因坊戦がそれぞれ1本だった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら