日本史 キリスト教
江戸時代、「隠れキリシタン」はぜんぜん隠れていなかった!?
塗り替えられる禁教イメージ

クリスマスと日本人の不思議な関係を解き明かす連載第6回。今回は、鎖国していた江戸時代が舞台。「隠れキリシタン」と聞いて我々がイメージする姿と、実際はずいぶんちがったようです。(→第1回はこちら

鎖国の目的

17世紀、江戸にあった中央政府は〝鎖国令〟という名の触れは出していない。

かれらがおこなったのはキリスト教徒を日本国から締め出すことであった。

徳川家康は1613年の暮れに「伴天連追放」を全国に公布し、その一掃をはかった。日本古来の秩序を乱すものとして、その存在を許さなかった。

ただその信者数はかなりの数におよび、しかも全国に広がっていた。禁教令を出したくらいでは、その影響力を途絶させることはできない。そもそも、キリスト教国との貿易は継続したため、商人に身をやつした宣教師が国内に潜入するのを止めることはできなかった。

そこで政府は徹底をはかることになる。

まず御用商人が扱っていた外国との貿易を、中央政府の管轄においた。

カトリック教国であるポルトガル人は、商人とキリスト教布教者の区別がつきにくく、彼らを出入りさせているかぎりキリスト教追放は成り立たぬと判断し、ポルトガルとの国交を断絶、ポルトガル人を追放し、今後の入国を禁じた。

キリスト教国ながらプロテスタントのオランダ国は、商人と布教者の区別がついているように見えたので、長崎のみに窓口を限定し、その交易を続けることとした。もうひとつ貿易を続ける中国船の出入りも長崎に限定した。

また、日本人の海外渡航と、在外日本人の帰国を禁じた。これを許しているかぎり、やはりキリスト教との縁が切れないからだ。

「ポルトガルとの国交断絶」「オランダ・中国との交渉を長崎に限定する」「日本人の海外渡航と海外からの帰国の禁止」この三つの沙汰をもって鎖国令と呼ばれている。

このままの状態では、日本はやがてキリスト教によって国の秩序が保てなくなる、との判断によって、こういう処置をしたまでである。国を鎖ざしたのは結果であって「これから国を鎖ざすぞ」と宣言したわけではない。

事実、200年を越えて、日本国は平穏な時代を過ごした。

鎖国状態は、別のいいかたをすれば、「外交に関して一切すべてを中央政府が引き受け、処理し、その内容も公開しないこと」である。

海外の情報を細かに知ることはできないが、またそのぶん、どうしようもない外交的諸問題について一般人が思い煩うことがない。これはふつうの日本人にとって、かなりの安寧をもたらす状況だと、わたしはおもう。

17世紀の半ばまでに、国内のキリスト教徒を国外追放か処刑をした中央政府は、キリスト教徒が一人たりともいない国を作った。少なくとも、私はキリスト教徒であると表明する者は一人としていなかった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら