ドイツ EU 難民政策
見限られるメルケル首相 ~台頭する「右派新党」に歴史的敗北
ドイツの民主主義は袋小路に!?

歴史的な敗北

中国の杭州でG20サミットが始まった日の夜中、メルケル首相を悪夢のようなニュースが襲った。9月4日、メクレンブルク=フォーポマーン州の州議会選挙で、彼女の党CDU(キリスト教民主同盟)が歴史的な敗北を喫したのだ。

メクレンブルク=フォーポマーン州は、旧東独の、バルト海に面したメルヒェンのように美しい地方だ。メルケル首相の選挙区でもあるが、小さい州なので、普段ならたいして注目もされない。

ところが今回は違った。この選挙には、最近落ち続けているメルケル首相の人気を見極め、かつ、来年の総選挙の動向を探るという二つな重要な意味があったからだ。

現在、メクレンブルク=フォーポマーンの州政府は、SPD(社民党)とCDUの大連立だが、今回の選挙では、両党がともに大きく得票率を減らした。

代わりに急伸したのが、2013年に結成された右派の新党、AfD(ドイツの選択肢)だ。それも、AfDが CDUを超えて第2党に躍り出たのだから、メルケル首相にとって大きな衝撃であったことは間違いない(第1党はSPDのまま)。

翌5日、彼女は杭州からドイツに向かって異例の特別声明を発した。

AfDに投票した人が前回どこに投票していたかを調べたところ、一番多い答えが、「前回は投票していない」というものだったという。しかも、支持者は労働者層が多い。

つまりAfDは、前回は選挙に行かなかった低賃金で、おそらく低学歴の労働者層の心をつかむことに成功したと言えるだろう。確かに、投票率が61.6%と、前回の51.5%に比べてかなり高くなっている。

しかし、もちろんAfDの支持者が、低賃金で低学歴の労働者ばかりというわけではない。2番目に多いのが、CDU畑から乗り換えた人たちなのだ。

CDUというと、その支持者は低賃金でも低学歴でもない。保守で、しかも中間層以上。彼らがCDUに愛想を尽かしたのだから、それこそ党の庇が傾く一大事である。

メクレンブルク=フォーポマーン州で大躍進したAfDの党首フラウケ・ペトリー氏〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら