ベストカー
ヨーロッパ型ハイブリッド車は元をとるまで300年かかる!?
【徹底調査】本当にお得か
イラスト/シライ・カズアキ

燃費に優れるハイブリッドモデル。しかし値段が高いぶん、元をとるまで時間がかかる。本企画では価格の高い輸入ハイブリッドモデルの、分岐点を探る!

トヨタがリードしたハイブリッド車。いまではヨーロッパ勢の追い上げもすさまじくドイツ勢を中心に猛烈な勢いでニューモデルを登場させている。しかし本誌でもよくやるようにハイブリッド車は値段が高いぶん、元をとるまでそうとう距離を走らなくちゃならない。

ちなみに、シエンタの場合は、価格差分を取り戻せるのは年間1万5000km走る人では、約15年もかかるという計算だし、フィットの場合も同じ年数使わなければ元をとれない。

じゃあ、値段の高い輸入車はもっと凄いことになるんじゃないかと思い立ったのが本企画。とりあえず電卓片手に計算してみたところ、結果は驚くことに!

ちなみに燃費計算はJC08モード燃費の80%で計算。レギュラーガソリン110円、ハイオクガソリン120円で算出してみた。

それではさっそくメルセデス・ベンツのコンベンショナルエンジンとハイブリッドモデルの比較から見てみよう。

元をとるのに293年!

トップバッターはCクラスセダン。C200アヴァンギャルドとC350eアヴァンギャルドを比較してみた。どちらもベースとなるエンジンはエンジン型式274の直4、2ℓターボ。価格差は176万円。燃費はJC08の8割とするとC200が13・2km/ℓ、C350eが13・8km/ℓとごくわずかの差だ。

これをベースに計算してみると、年間それぞれ1万5000km走ったとすると、1年で使用する燃料代の差は6000円。176万円の価格差を取り戻そうとすると、実に293年も使わなければ元がとれない。もはやクルマの耐用年数を完全に超えている。う~ん、これは凄い!

で、お次はBMWの2シリーズアクティブツアラー。比較は392万円の218iラグジュアリーと、488万円の225Xeラグジュアリー。ハイブリッドモデルの225Xeにはプラグインレンジ、EVレンジがあるが、ハイブリッド燃費消費率の17・6km/ℓをベースに比較してみると、1年間に使用するガソリンは225Xeが1071ℓ、218iは1119ℓとなり、218iとは燃料代の差は年間5766円。

これで価格差の96万円を取り戻そうとすると166年かかる計算となる。

同じような計算方法で、3シリーズの320iと330eを比較してみる。

両車直4の2ℓターボエンジンを搭載。実燃費は320iが12・3km/ℓ、330eが14・2/ℓ。価格は320iが489万円、330eが577万円で価格差は88万円だ。

年間ガソリン使用量の差は1万8960円となり、88万円の差額を取り戻そうとすると、46年でやっと元をとれる計算となった。

Cクラスや2シリーズに比べれば、少しは現実的な結果になったが、それでも半世紀使わないと元がとれないなんて……。50歳くらいで330eを購入したとすると、ご臨終の頃まで使ったとしても元がとれない計算だ。

ましてやクルマはある程度の年数が経つとモデルチェンジするから、元がとれるころには3代くらい進化しているのかもしれない。これはもう、本当にハイブリッドはお得なのかと疑ってもしょうがない結果だ。

BMWには5シリーズにもハイブリッドモデルが用意されているので、それも比較してみる。細かいことはすっ飛ばして結論だけ言えば、5シリーズの場合、926万円の535iラグジュアリーと、931万円のアクティブハイブリッド5を比較してみると、意外や意外、価格差はわずか6・3年で元がとれる結果に。

これは車両価格がたった5万円しか違わないからこういう結果になった。ついでに言えば実質燃費も535iが10・4km/ℓ、アクティブハイブリッドが10・9km/ℓとこちらの差も小さかった。

ただ、こうなると、「じゃあどっちを買ってもいいじゃん」という話になる。5万円高い複雑なメカを持つハイブリッドを買わなくても、「コンベンショナルな従来型のメカを持つ535iでいいよね」という話になってしまうことも。それに故障の確率も低くなるわけだし。