格差・貧困
つくられる「シロウト愛人」 〜「パパ活」の知られざる実態を明かす
交際クラブが満たす男女のニーズ
[photo]istock

「パパ活」とは現代の援交なのか

「パパ活」の実態についてコメントを下さい、と複数の週刊誌から先月たて続けに依頼をもらった。要は交際クラブに登録してお小遣い稼ぎをしながらオトコの人と「付き合う」女性が増えているんですけど、これはまた売春のカジュアル化ですよね? さらに言えば女性の貧困問題や格差問題も絡んでいますよね? という話である。

筋が通っていなくはない。収入がおぼつかない女性、条件の良い働き口が見つからない女性が、交際クラブでお金持ちの男性と知り合って、食事とセックスを「楽しみ」、税務申告のいらない「お小遣い」をもらう。

女性が富裕していればそんな現象はあまり見られないだろうし、低収入男性と結婚を狙うより高収入男性と不倫した方が経済的に自分を救うという格差問題がなければ交際クラブよりも婚活に勤しんだほうがいいわけだから。さらにその額が、バブル時代の愛人契約のイメージからかけ離れた額だということも、読者を驚かせているようだ。

コトバが実質を作り出すという話は社会学では定石だが、若い女性の売春も例に漏れず、援助交際、神待ち少女、ワリキリなどなど色々なコトバが与えられ、そのたびに多くのルポライターの手により話題にされてきた。

当然その売春内格差というのも存在するので、身体の値段に開きはあれど、援助交際をしていた女子高生が出会い系でワリキリをしたり交際クラブでパパ活していると思えば、同じ人を指して時代に流行る呼び名で遊んでいるだけと言えなくもない。

言えなくもないのだが、そう言ってしまえば身も蓋もないので、少し「パパ活」の実態を覗いてみようと思う。

何がウケているのか、何がねじれているのか。私は概要とコトバのユニークさよりも、その細部にこそ本質があると信じている。

「パパって興味ない?」

現在、交際クラブの門を叩く女性の多くは、それを渋谷や歌舞伎町に屯するスカウトマンに紹介されている。

漫画『新宿スワン』でもお馴染みの彼らは、主として風俗・キャバクラ・AVプロダクションの紹介業を生業としており、その他にも脱毛サロンやエステなど若い女性が利用する美容関係の割引会員の紹介などをしている者も多い。彼らの提供するメニューの中で「交際クラブ」「パパ活」はここ2年で急速に存在感が増した。

道を歩く女性に声をかけて足を止めさせ、話を聞いてもらうなり携帯電話番号の交換をするのが彼らの仕事の基本であり、「今の店どう?」「モデル系の仕事興味あったりしない?」「1日10万保証の出稼ぎ紹介できるけど」など彼らそれぞれが女性の食い付きの良いお決まりの第一声を持っている。

ここ1年でその第一声に「パパって欲しくない?」「パパ活とか興味ない?」「交際って登録してる?」という声がけをする者が急速に増加している。

彼らは、あらゆる女性を相手にしている。一般的な印象として、学生や素人の女性に言葉巧みに声をかけ、騙し騙しに風俗に落とすスカウトマンの姿がイメージされやすいかもしれない。

それも一理あるが、彼らの声をかける相手の女性の半数以上は、すでに風俗やキャバクラなどで働くいわゆる夜職の女性である。風俗の女性は、その店で古株となるとお客に与える印象があまりよくないため、それなりに頻繁に店を移ることが多い。そういう時に馴染みのスカウトマンに紹介を頼むのである。

ではなぜ、彼らは「パパ活って興味ある?」に声がけの第一声を集中させているか。

すでにキャバクラや風俗で働いている女性が新しい店を探すのは、タイミングの問題がある。まだ店を移ったばかりだったり、それなりの好条件で働けていたりして、近々に移籍の意志がない女性にとってはスカウトマンは不要である。しかしそこで一般的な存在となって比較的新しい存在であり、さらに言えば、風俗店ともキャバクラともかけもちが可能な交際クラブであれば、彼女たちでも話を聞くきっかけになるからである。

注意しておきたいのは、交際クラブに登録している女性の多くが、少なくとも風俗のスカウトマンの話を聞く立ち位置にいる女性であること、つまり「夜職」に興味があるということで、さらに、その中の多くが夜職の女性であることだ。

もちろん、風俗経験のないOLや女子大生、モデルらも登録しているが、スカウトマンの話をはなから聞きもしない女性はあまりそういうところにたどり着かないのである。