黒船ネットフリックス、急拡大戦略の裏にある「焦り」と「弱点」
決算書で読む動画ビジネスの今

売上高は右肩上がりも、営業利益は微減

昨年9月に日本に上陸し、又吉直樹作のベストセラー『火花』のオリジナルドラマをフジテレビと組んで配信するなど話題を振りまいている、米国動画配信サービスの巨星・ネットフリックス。

100億円ともいわれる予算を投入して制作したオリジナルドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』などの強力なコンテンツを武器に快進撃を続け、今年1月には一挙に利用可能国が130ヵ国も増加。「ネットコンテンツ界の巨星」の名をほしいままにし、テレビをはじめとする既存のメディアを脅かす存在として注目を集めている。

だが、同社の決算書を読み解いていくと、思わぬ「弱点」が見えてくるのだ。

ネットフリックスの2016年期第2四半期決算によれば、全世界の総会員数は8318万人。その数は四半期ごとに数百万人単位で増えている。それに伴って売上高も右肩上がりとなっているが、一方で「営業利益」は前期まで4期連続で微減が続いた。

そのため、売上高に占める営業利益の割合を示す「営業利益率」が落ち込んでいる(2016年第2四半期で多少改善)。

なぜ売上は増えて、営業利益が減っているのか。

その原因は、コンテンツの確保に費やす金額が極めて大きいことにあるようだ。前期は実に23億ドルを注いでおり、これは同期の収入をはるかに上回っていた。前期だけに限らず、ネットフリックスは総収入に匹敵する額をコンテンツ獲得のために投入して、その充実に腐心している。

そのため、本業における稼ぎと支出の差し引きを示す「営業キャッシュフロー」は恒常的に赤字で、ここ4期連続で、2億ドル以上のお金が外に出て行っている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら