金融・投資・マーケット ライフ
収入の何%を貯蓄すれば安心? これが「人生設計の基本公式」だ!
お金の運用で最も大事なこと

案外教えてくれない「許容できるリスク」の決め方

個人がお金を運用する場合に、最も大事なことは、投資してリスクを取る金額を決めることだ。特に、どこまでリスクを取っていいかの上限を決めなければならない。

しかし、この決め方を具体的に教えてくれる人や本が、案外ないのが現実だ。

そのために、個人は、しばしば、資金の将来の使用目的別に運用方法を変えたり(ダメなFPに相談するとしばしばこうなる)、もっとまずいケースでは、銀行員や証券マンなど「金融商品を売る人」のアドバイスにそのまま従ったりすることになる。前者は非効率的であり、後者は明白に金融機関の「カモ」となる。

今回は、この問題を「真面目に」検討してみようと思う。人生設計の基本となる考え方とともにご説明するので、読者は、是非一緒に考えてみて欲しい。

* * *

許容できるリスクの上限を考える上で重要なのは、最大限に損をした時の損失額を許容できるか否かだ。

この決め方は、比較的頻繁に説明されており、「マイナス2標準偏差」のイベントが起きた時の損失を、最大損失額の目処として考えよ、とするやり方が、金融界の標準だ。

リターンが正規分布すると考えた場合、起こり得る事態の悪い方から数えておおよそ2.3%の点の推測なので、「100年に1度」級の最悪事態では、これ以上の損失が出る場合があるが、途中で売ることもできるので、損はこの辺で止めることができるだろうという前提条件付きの「最悪」だ。

例えば、内外の株式インデックス・ファンドにおおむね半々(推奨は外国株6割、国内株4割だが、大きな差は無い)で投資すると、推定リスクは18%〜19%くらいと計算されることが多い。

少し余裕を見て20%と考えるなら、期待リターンを5%、標準偏差で見たリスクを20%とすると、5%−2×20%=−35%、と想定する。1,000万円の株式投資なら、1年後に350万円の損失が許容できるかどうかが、判断の分かれ目だ。

「350万円も損をすると、後の生活に支障がある」という場合には、1,000万円の株式投資は過大だということになる。

だが、問題は「350万円の損」が許容可能かどうかの、判断の具体的な方法だろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら