企業・経営
カリスマ創業者たちが漏らす苦悩〜息子に継がせるか、部下に任せるか
いつの世も引き継ぎは難しい

劇的かつ安定的な成長が見込めない時代に、自らが築いた事業をどう次代に引き渡すか。一代で年商500億円の壁を突破したカリスマ創業者たちの苦悩をここに紹介する――。

会社を継ぐのはこんなに大変

年商628億円を誇る旅行会社の「ビッグホリデー」創業者、岩崎安利社長(72歳)は悩んでいる。遅くできた長男はまだ大学生で、現在、就職活動中だ。

「以前、会社が苦しい時に『お前も大きくなったら会社を助けてくれ』と冗談で言ったのを真に受けたのか、旅行会社を中心に受験しているみたいです。うれしい反面、余計なことを言ったかなと後悔しています。

相続についても考えなくてはならないと思いつつ、まだ何もしていません。これから数年で私に万が一のことがあっても、会社が今の形で続けられる体制を整えたいと思っています。

将来は事業を子供に継いでほしいという気持ちがありますが、ある程度の規模になった会社を引き継ぐのもそれはそれで大変なこと。むしろゼロからのスタートのほうが責任という意味では、気軽かもしれません。

本人の意志もありますから、何が何でも継いでくれとは言えませんよ」

安易に子供に会社を継がせたくない。実はそう考える経営者は多い。すでにある企業を引き継ぐよりも新しいチャレンジのほうが経営の醍醐味を味わえるのではないか、という思いもある。

岩崎社長は苦労の末、一大旅行代理店を作り上げた。父親も元々事業をしていたが、51歳で多額の借金を残して急逝した。

「家族6人で、六畳一間に暮らしていましたからね。家が貧しかったものでしたから、私は1日も早くそこを抜け出したい一心で、旅行会社で働きながら定時制高校に通って、卒業と同時に会社を興しました。

儲けの大半は会社に投資してきました。少し前にパナマ文書で富裕層の資産隠しが話題になりましたが、うちも隠したくなるほど儲けてみたいものだと家族で笑っていたくらいです。

リーマン・ショックの時は報酬を7割カットしました。私は自分の責任だから仕方ないと思いますが、女房は不安だったでしょうね。そういった事業を息子に引き渡していいものなのか、悩ましい問題です」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら