野球
ソフトバンク失速、日ハム「逆転優勝」のカギを握るのはこの男だ!
日ハムはまだ最終兵器を温存している
後半戦では打者に専念している大谷翔平選手〔photo〕gettyimages

ソフトバンクか、日ハムか

シーズン終盤に差し掛かり、パ・リーグのペナントレースが面白くなってきました。8月24日現在、首位の福岡ソフトバンクが2位の北海道日本ハムに勝率でわずか1厘上回っているものの、-0.5ゲーム差という珍しい現象が起きています。開幕当初は誰もがソフトバンクの優勝は堅いと思っていただけに、驚きを隠せません。

3連覇を狙うソフトバンクと追いかける日本ハム。直接対決は残り2試合なので、他の4チームとの対戦成績が優勝争いを大きく左右します。両チームの残り試合数は、ソフトバンクが30試合、日本ハムが29試合。では、チームごとの残り試合数をみてみましょう。

ソフトバンクは、ロッテ6試合、楽天7試合、西武8試合、オリックス7試合、日本ハム2試合。

日本ハムは、ロッテ6試合、楽天9試合、西武5試合、オリックス7試合、ソフトバンク2試合。

3位以下でいま最も勢いがあるのは西武です。20日から4試合連続で2ケタ安打を放つなど、­8月は今季最高の勝率.579を記録しています。その西武相手に日本ハムは残り5試合ですが、ソフトバンクは残り8試合もあります。ソフトバンクは16、18日の西武戦で連敗を食らっているので、西武戦が最も多く残っている状況は正直キツイです。

今季のソフトバンクの対戦成績をみると、日本ハム(勝率.409)を苦手としているのは明白ですが、8月に入り、下位へのとりこぼしも目立ちます。最下位オリックスには3連敗を喫しました。

一方、日本ハムは得意な楽天戦(勝率.750)が9試合も残っています。残り試合数で比べると、日本ハムの方が有利な条件が揃っています。

直接対決が少ない分、両チームが3位以下のチームにどういう戦い方をするかが見ものです。これは、両チームに言えることですが、優勝するためには残り試合で最低でも10勝、2ケタが必要です。そこに届かなければ、優勝はキツイでしょうね。