ライフ
麻布にあるマッチング率100%の「お見合い」サービスに行ってみた
新入社員・アダチの体験ルポ
現代ビジネス編集部 プロフィール

エントリーシートにダメ出しの嵐

理想的な休日の過ごし方
1位 寝る
2位 マンガ読む
3位 友だちとご飯
4位 映画
5位 買い物

両角「まず、この項目、まあ、まだ若いから仕方ないんですが、理想の休日の過ごし方、の答えがダメですね~。これだと、女ならだれでもいいじゃないですか。妻や彼女と一緒にすること、つまりどんなデートがしたいか、そういう内容を意識してくださいね」

好きな食べ物トップ10
1位 寿司
2位 パスタ
3位 カレー
4位 ポテトサラダ
5位 偏食なので…
6位

両角「好きな食べ物、鮨、カレー、のあと、偏食なので…とありますが、これもちょっと…。とにかく埋めてください。トップ10とありますよね。項目が多いほど、共通点が見つかりやすくなるので、マッチングする人が多くなるんです」

う~ん、おっしゃる通りです…。ここで運ばれてきたモンサンミシェルのムール貝は見たことのない、初めての体験。バターの香りもよく、ぷりぷりでびっくりくらい美味しいが、気もそぞろ。

結婚相手に求める条件
1位 好きでいてくれる
2位 別れない
3位 支えてくれる
4位 信頼してくれる
5位 容姿

両角「容姿はどうですか? 結婚相手に求める条件で5番目に容姿とありますが、もっと具体的にありますか?」

アダチ「僕、背が165㎝なので、僕より低い人がいいのですが」

両角「身長で足切りするメリットってありますか?」

アダチ「(消えいりそうな声で)なんか嫌なんです」

両角「その嫌って何? 相手が背が高いと抑圧された感じがするとか?」

アダチ「話すときの目線が相手が高いのが嫌なんです。今までも僕と同じか、低い彼女としか付き合ったことがないんです。プレッシャーを感じるというか……」

両角「身長にこだわることにどれだけの意味があるの? それで素敵な女性を逃してもいいのか、そこにこだわる意味があるのか、再考するといいですね。私が思うに、見た目は重要なところではありません。

例えば175㎝の女性を付き合ったら、高い位置にあって取れないものを取ってくれるし、さっそうとした女性と歩いているアダチさんを見たら、アダチさんってどんないい男なんだろう、と周りは見ますよね。

もっとポジティブなサイドをみてみませんか?結婚できない人はネガティブ志向の人が本当に多い」

おっしゃることはその通りなのだけど…むむむ。

セールスポイント
1位 一途
2位 まじめ
3位 ちゃんと稼いでる
4位 話しを聞く
5位 趣味に付き合う

両角「もっとダメなのが、このあなたのセールスポイントですね。「一途」とか結婚するんだから当たり前じゃないですか。一流企業に入社できたのに、恋愛は二流なのは、どうしてなんでしょうね。相手に何をしてあげられるのか、を考えて下さい」

僕が提供できること…何だろう。相手に何をしてあげられるか、なんて考えたこともなかったけど、確かに両角さんがいう通り、反省。そこに本日のメイン、仔羊の肩ロースのローストが登場。またもや初めての仔羊の味に、落ち込んだ気持ちも、ちょっと回復。

国内旅行で印象に残ったところ
1位 宮古島
2位 富士登山
3位 金沢
4位 北海道
5位 広島
 
お気に入りの美術館・博物館
1位 地中美術館
2位 ホキ美術館
3位 DIC川村記念美術館
4位 大塚国際美術館
5位 国立西洋美術館

両角「旅行やアートが好きなんですね。いろいろなところに行っていますね。ここは相手と話が盛り上がるポイントですから、いいと思いますよ」

アダチ「あ、ありがとうございます!」

ようやくほめられた!旅行や美術館のめぐりといった趣味のあう女性と出会えると、話も弾みそうだな。

アダチは結婚に値する男なのか?

両角「まあ、アダチさんは若いので、こんなところでしょうか。まだまだ突っ込みどころはたくさんありますが。このエントリーシートは自分という人間を見つめなおすためにあります。

そして「お見合い」はパートナーを紹介するひとつのきっかけですが、「婚活コンサル」によってあなたが求める女性像を明確にし、自覚してもらうのです。

そうすると、知人や友人にも「誰かいい人がいたら紹介してくださいよ」というのではなく、こういう人がいい、と具体的にかつ客観的にお願いできますよね。

自分のなかの譲れない基準、客観的でクリアな指針を私と一緒に見つけるのがこの「婚活コンサル」なのです。それができれば、感情に流されないで結婚、恋愛ができます」

最後に恐る恐る、率直に両角さんに聞いてみた。

アダチ「あのぉ……僕、結婚できますか……?」

両角「普通にできると思いますよ」

アダチ「そうですか!」

両角「でも10年、結婚を続けることができるのか、はあなた次第です」

アダチ「……」

両角「結婚はゴールでなく、スタートです。相手に求めるのではなく、相手を幸せにしてあげられるか、自分が相手に何をしてあげられるのか。維持するのは本当に大変です。それをよく理解してくださいね」

ここで婚活コンサルは終了。たくさんダメ出しもされたけれど、どれも納得のいくアドバイスばかり。それゆえに、自分がこれからどうしたらいいのか、どんな女性と付き合いたいのか、さらにどんな結婚をしたいのか、見直すきっかけにもなり、道を照らしてもらったような、前向きな気持ちになれた。

両角「「パートナーの立場になって考える」「相手に自分が何をしてあげられるのか」という視点でもう一度、エントリーシートを書き直し、提出してくださいね」

実際に両角さんにお見合い相手を紹介してもらえるかどうかは、書き直したエントリーシートと、僕に合う人がいるかどうか次第、とのこと。

お会計をし、美味しい料理と婚活コンサルでお腹も気持ちも大満足! あとはエントリーシートを書き直して、両角さんの連絡を待つばかりだ。

(続く…のでしょうか?)

「ビストロアンバロン」
〒106-0031 港区西麻布1-9-7 TEL 03-6438-9699 http://www.bistroenballon.com/
「婚活コンサル&お見合いサービス」の詳細は、お店に直接お問い合わせください。