格闘技 ボクシング
パッキャオの“早すぎる復帰戦”、3つの注目ポイント
引退発表からたった4ヵ月
パッキャオはあっさりと引退を撤回。11月5日に7ヵ月ぶりのファイトに臨む

11月5日
ラスベガス トーマス&マックセンター

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ
ジェシー・バルガス(アメリカ/27歳/27勝(10KO)1敗 )
vs.
元6階級制覇王者
マニー・パッキャオ(フィリピン/37歳/58勝(38KO)6敗2分)

パッキャオのコンディションは?

引退発表からわずか約4ヵ月——。

4月9日のティモシー・ブラッドリー(アメリカ)戦後に一時は引退を発表しても、事実上の8階級制覇を果たした男が遠からずリングに復帰するのは予想されていたことではあった。それゆえ、興行主のトップランクはブラッドリー戦を“ラストファイト”と銘打つことを拒否していた。

ただ、それにしても、パッキャオはこれほどの早さで戻ってくるとは誰も思わなかったというのが正直なところだろう。

「ファイトは実現する。僕は11月5日にWBO世界ウェルター級王者のバルガスと戦うことに同意した。ボクシングは僕の情熱。ジムで練習し、リングで戦うことが恋しかった」

まだ無名のバルガスだがすでに2階級制覇を果たしている〔Photo〕Tom Hogan-HoganPhotos/Golden Boy Promotions

パッキャオは8月10日にそんなコメントを発表し、復帰戦を行うことを正式に表明した。

このスポーツへの想いを強調する一方で、「ボクシングは僕の主要な収入源。議員としての給料には頼れない」という正直な発言も残している。そして、現時点では後者の方がより切実な理由と考える関係者は少なくない。

ブラッドリー戦後に上院議員選に当選したフィリピン人は、以降は政治活動に勤しんでいる。ただ、その報酬はアメリカのリングで稼ぐ額とは比較になるまい。

昨年5月のフロイド・メイウェザー(アメリカ)戦では約1億5000万ドルという途方もない額を手にしたパッキャオだったが、ブラッドリー戦は赤字興行に終わり、最低2000万ドルというトップランクとの契約更新時の保証額はバルガス戦では見直されるという。それでも1000万ドル前後に上るであろうファイトマネーは、出費も多いフィリピンの雄には魅力に違いない。

そんな背景を考えれば、今戦で注目されるのはパッキャオがどんなコンディションを作ってくるかである。今回はアメリカでキャンプを開催せず、議員の仕事をこなしながらフィリピンで練習を積むという。完全な兼業ボクサー状態で、満足に戦える身体を作れるのかどうか。

普通に考えれば、パッキャオにとってバルガスははるかに格下の相手である。4月のブラッドリー戦くらいの状態ならば勝利は堅く、来春に予想されるさらなるビッグファイトへのチューンアップに過ぎない。

しかし、37歳になった老雄が明らかに練習不足で出てきた場合には分からない。バルガス戦では、前日計量時からパッキャオの身体にこれまで以上に視線が集まりそうだ。