週刊現代
佐藤優が説く!日本人がキリスト教を「拒絶」した本当の理由
いま世界中が注目する『沈黙』を読む

遠藤周作原作の歴史小説

マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙』が今秋公開される予定なので、本作への関心が世界的に高まっている。原作は1966年に新潮社から刊行された。

島原の乱(1637~38年)でキリスト教徒が徹底的に弾圧された直後にローマ教皇庁(法王庁)の指令でイエズス会の2人の司祭(神父)セバスチァン・ロドリゴとフランシス・ガルペが日本に秘密派遣される。

実は二十数年前、イエズス会から派遣されていた著名な神学者で卓越した教会指導者であるクリストヴァン・フェレイラ神父が、「穴吊り」という拷問にあって棄教した。井上筑後守という凶暴な弾圧者がフェレイラを棄教させたという。

日本人キリスト教徒は指導者を失って混乱の極みにある。この状況下で日本のカトリック教会を建て直すことがロドリゴとガルペに課せられた使命だった。

日本への潜伏には成功するが、ある信者の裏切りにより2人は逮捕される。「転べ」との圧力が加えられるが、2人は筋を通す。ガルペは、日本人信者が簀巻きにされて海に突き落とされ処刑されようとしている現場に介入し殺される。ロドリゴは殉教する覚悟をする。

処刑の前日、穴蔵の牢にいるロドリゴは大きな鼾の音を聞く。牢番の役人が居眠りをしているとロドリゴは思っていたが、実は「穴吊り」にされている信者の呻き声だった。信者たちは既に「転ぶ」と言っているが、役人はロドリゴが棄教するまで信者たちに対する拷問を続けるという。

そのときフェレイラが現れ、ロドリゴに棄教を説得する。