週刊現代
佐藤優が説く!日本人がキリスト教を「拒絶」した本当の理由
いま世界中が注目する『沈黙』を読む

遠藤周作原作の歴史小説

マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙』が今秋公開される予定なので、本作への関心が世界的に高まっている。原作は1966年に新潮社から刊行された。

島原の乱(1637~38年)でキリスト教徒が徹底的に弾圧された直後にローマ教皇庁(法王庁)の指令でイエズス会の2人の司祭(神父)セバスチァン・ロドリゴとフランシス・ガルペが日本に秘密派遣される。

実は二十数年前、イエズス会から派遣されていた著名な神学者で卓越した教会指導者であるクリストヴァン・フェレイラ神父が、「穴吊り」という拷問にあって棄教した。井上筑後守という凶暴な弾圧者がフェレイラを棄教させたという。

日本人キリスト教徒は指導者を失って混乱の極みにある。この状況下で日本のカトリック教会を建て直すことがロドリゴとガルペに課せられた使命だった。

日本への潜伏には成功するが、ある信者の裏切りにより2人は逮捕される。「転べ」との圧力が加えられるが、2人は筋を通す。ガルペは、日本人信者が簀巻きにされて海に突き落とされ処刑されようとしている現場に介入し殺される。ロドリゴは殉教する覚悟をする。

処刑の前日、穴蔵の牢にいるロドリゴは大きな鼾の音を聞く。牢番の役人が居眠りをしているとロドリゴは思っていたが、実は「穴吊り」にされている信者の呻き声だった。信者たちは既に「転ぶ」と言っているが、役人はロドリゴが棄教するまで信者たちに対する拷問を続けるという。

そのときフェレイラが現れ、ロドリゴに棄教を説得する。

<「あなたは」司祭(注・ロドリゴ)は泣くような声で言った。「祈るべきだったのに」

「祈ったとも。わしは祈りつづけた。だが、祈りもあの男たちの苦痛を和らげはしまい。あの男たちの耳のうしろには小さな穴があけられている。その穴と鼻と口から血が少しずつ流れだしてくる。その苦しみをわしは自分の体で味わったから知っておる。祈りはその苦しみを和らげはしない」

司祭は憶えていた。西勝寺で始めて会ったフェレイラの耳のうしろにひきつった火傷の痕のような傷口があったことをはっきり憶えていた。その傷口の褐色の色まで今、まぶたの裏に甦ってきた。その影像を追い払うように、彼は壁に頭を打ちつづけた。

「あの人たちは、地上の苦しみの代りに永遠の悦びをえるでしょう」

「誤魔化してはならぬ」フェレイラは静かに答えた。「お前は自分の弱さをそんな美しい言葉で誤魔化してはいけない」

「私の弱さ」司祭は首をふったが自信がなかった。「そうじゃない。私はあの人たちの救いを信じていたからだ」

「お前は彼等より自分が大事なのだろう。少なくとも自分の救いが大切なのだろう。お前が転ぶと言えばあの人たちは穴から引き揚げられる。苦しみから救われる。それなのにお前は転ぼうとはせぬ。お前は彼等のために教会を裏切ることが怖ろしいからだ。このわしのように教会の汚点となるのが怖ろしいからだ」そこまで怒ったように一気に言ったフェレイラの声が次第に弱くなって、「わしだってそうだった。あの真暗な冷たい夜、わしだって今のお前と同じだった。だが、それが愛の行為か。司祭は基督にならって生きよと言う。もし基督がここにいられたら」

フェレイラは一瞬、沈黙を守ったが、すぐはっきりと力強く言った。

「たしかに基督は、彼等のために、転んだだろう」>

結局、ロドリゴはフェレイラの説得に心を動かされて、「踏み絵」を踏んで、棄教する。イエス・キリストが示した愛とは抽象的な理念ではなく、具体的行動であるという遠藤周作氏の信仰理解が端的に現れている箇所だ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら