本当にあったウソのような「信仰」〜「清水の舞台」から234人も飛び下りていた
生存率は85.4%
〔PHOTO〕gettyimages

「清水の舞台から飛び下りる」。決死の覚悟で思い切った物事をするという意味のことわざだ。

1633年に3代将軍徳川家光によって再建された清水の舞台は、京都観光の定番コースのひとつ。約12mの高さから下をのぞくと目がくらむようだ。

実は、この舞台からの「飛び下り」は、ただの比喩ではない。『清水寺成就院日記』という書が残されており、それによれば江戸時代の1694年から1864年の間に、実際に飛び下りた事件は235件。234人が飛び下りに挑戦しており、驚くことに2度も挑戦した猛者までいたようだ。挑戦者の生存率は85・4%で、意外に多くの人が助かっている。

実は飛び下りた人々の目的は自殺ではなかった。庶民の間では清水の観音様に命を預けて飛び下り、命が助かると願いが叶うという信仰があったのだ。

挑戦した男女比は、7対3で男性が多く、最年少は12歳、最年長は80代だったという。年齢別では10~20代が約73%を占めた。