週刊現代

“新・経営の神様”稲盛和夫が明かす「日本企業、大復活のカギ」

日本を「幸せに導く」方法とは
週刊現代 プロフィール

中国の司馬光という人が書いた『資治通鑑』という本によると、人間の能力を「才」、人間性を「徳」とした場合、才も徳もある人は「聖人」、徳が才に勝る人は「君子」、才が徳に勝る人は「小人」、才も徳もない人は「愚人」だそうです。

会社に聖人や君子がいれば、その人をリーダーにすればいい。しかし、なかなかそんな立派な人は見つかりません。そこで多くの会社では小人をリーダーにしてしまう。これが危ないのです。才があっても人間性のない人は己の栄達のために会社を危うい方向に持って行く恐れがある。長い目で見れば、小人よりは愚人のほうが成長します。

今の日本企業は能力の高い人が出世する仕組みになっています。

稲盛 フィロソフィーがないと、そうなってしまいますね。京セラも成長期には人が足らないので、ずいぶんたくさん中途採用をやりました。外から優秀な人たちがたくさん入ってきたのです。高学歴で立派な職歴を持つ人たちです。私は彼らに言いました。「あなたたちは自分に才能があると思っている。それで世の中を渡っていくつもりかもしれないが、やはり大切なのは人間性だ」と。しかし才のある人たちは話を聞いてくれない。

私は、彼らが能力、実績だと思っている「虚飾」や「うぬぼれ」を引き剥がします。私はこれを「むしる」と呼んでいます。虚飾をむしられると、みすぼらしい自分が出てきます。恥ずかしいから、また一生懸命に虚飾を纏おうとしますが、それをむしる。これを繰り返すと、天狗になっていた人が謙虚になり、物事を学ぶ姿勢に変わります。

松下幸之助さんはこの状態を「素直」と表現されています。自分は小学校しか出ておらず学がないから、人が言うことを素直に聞いた。それで人間として成長できた、とおっしゃっています。

欲望に打ち克つ

私も京セラを立ち上げたばかりの20代の頃、少し天狗になっておりました。自分でファインセラミックスを開発し、自分で作って、自分で売るわけです。「なんだ全部、俺がやってるじゃないか。ならば会社の利益は全部、自分の収入でもおかしくない」と思うこともありました。

しかし「それは違う」と気づいたのです。会社というのは社会のためにみんなが集まって仕事をするところです。確かに私には新製品を開発する才能があったかもしれませんが、自分一人で会社は回らない。そう思えたのは小さな印刷工場を経営していた父の愚直な生き方を見てきたからだと思います。

空襲で工場を焼かれた父は、戦後、元工員が始めた印刷工場で雇われ人として、私たち家族のために働いてくれました。母は「借金をして、もう一度、会社をやろう」と勧めましたが、父は聞き入れませんでした。人を雇うことの怖さを痛感したのだと思います。おかげで私は自分の欲望に打ち克つことができ、道を踏み外さずに生きていくことができました。