新聞
終戦の日の一面を比較して分かった、朝日・毎日二紙の「その程度の力量」
これを報じていれば、少しは朝日を見直したのだが…
【PHOTO】gettyimages

一見冷淡に見える読売・産経だが…

8月15日の新聞といえば、戦争の悲惨さを描いて平和を訴えるのが定番になっている。ことしも朝日、毎日、東京は1面トップで語り部たちの戦争体験を報じた。だが、なぜ戦争になったのか、肝心の歴史評価と分析はない。それでいいのか。

終戦記念日の紙面作りには各紙のスタンスがにじみ出る。各紙の1面トップは次のようだった。

朝日新聞「老いる語り部 継承に苦難 きょう終戦71年」
毎日新聞「戦後平和 原点直視を」
東京新聞「元東大生、飛行爆弾開発に従事 『科学は平和のために』」

読売新聞「大田『銀』以上確定 レスリング男子グレコ59キロ級」
産経新聞「大田『銀』以上確定 レスリング・グレコ59キロ級」
日本経済新聞:「訪日客入国審査迅速に 出発地で手続き まず韓台と」

左派リベラル3紙とそれ以外の3紙で紙面展開が分かれたのが興味深い。朝日、毎日、東京の3紙は戦争体験の継承を訴えたが、それ以外はレスリングなど別のニュースだ。朝日や東京は2、3面でも戦争関連記事を載せた。

読売は社会面で「戦地から手紙 父の愛」という記事を掲載し、産経は2面で終戦の日に関する各党談話を紹介している。

これだけみると、2紙はオリンピックに夢中で戦争体験に冷淡なように見えるが、実はまったく違う。もっとも戦争と戦後の総括に力を入れてきたのは読売と産経である。それは後で触れる。