高知・駒田徳広監督「1番・河田起用に秘めた想い」

8月13、14日に行われた対福岡ソフトバンク戦は2連勝を飾ることができました。ソフトバンクとは今季の開幕戦で敗れて以来、対戦成績0勝3敗1分と、白星を挙げることができていませんでした。リーグの中で唯一、ソフトバンクに勝利できていなかったので、そういう意味でも非常に価値のある2勝でした。
 
チームの起爆剤になったのは、サンホ・ラシィナです。彼は13日の試合で、4回に2死一、二塁のチャンスでタイムリーヒットを放ちました。4番のザック・コルビーが先制点を奪ったあとに貴重な追加点を挙げたことも素晴らしいですが、注目してもらいたいのは、打席の内容です。ラシィナは初球のストレートを迷いなく振り抜きました。
 
彼の課題は変化球の攻略でした。変化球が苦手な選手は、意識しすぎて、­ストレートでさえも打ち損じて­しまうことがあります。打席に立った時に“次は変化球がくるかな、ストレートがくるかな”と考えながら打ってしまうからです。これでは当然打てません。打席に立つ前に、­“よし、ストレートだ”と心の中で決めて、割り切ったスイングをすることが大切です。
 
僕はラシィナに対して、­「初球に予想とは違うボールがきて空振りしてもストライク1だよ。あと2回もチャンスはあるんだ」と、常々言っています。まさに­僕がアドバイスした通りの“割り切ったスイング”を見せて­くれました。13日は3-2と1点差でソフトバンクに勝ったので、ラシィナが奪った追加点は非常に大きかったと思います。
 
後期に向けて、チームの課題は継投陣にあります。ウチのリリーフには防御率0点台の嘉数勇人と最多セーブを記録している平良成が揃っていますが、­1点ビハインドの負け試合で­投げるリリーフがいません。彼らに加えてもう1枚欲しいのが本音です。
 
そこで期待したいのが、14日に2番手で登板した丸山雄太と17日に入団した岡部峻太の2人です。サイドスローの丸山は、ソフトバンク戦で2回3分の2を投げて無失点に抑えてくれました。20歳の岡部は、体の線はまだ細いですが、キレのあるストレートを投げます。彼らの活躍で投手陣の層が厚くなれば、これからの連戦に向けて心強いです。後期優勝は、継投陣の活躍にかかっているでしょう。