【スクープ】19人刺殺・植松聖容疑者 犯行直前の「最高級デリヘル」と「吸った薬物」
「世界を変える、世界を変える」とつぶやきながら…
【PHOTO】gettyimages

1時間8万円

障害者施設を襲い、戦後最悪の大量殺人に及んだ植松聖容疑者(26歳)。彼が犯行の直前まで大麻を吸いながら、デリヘル嬢を呼ぶという「蛮行」に及んでいたことが『週刊現代』の取材でわかった――。

「彼女は日本一高級なデリヘルにいるんですが、あの事件の日、ネットの情報などを見て愕然としたそうです。ほんの数時間前に相手をした客が、45人もの人を殺傷したんだから当然ですよね」

こう語るのは、相模原殺傷事件を起こした植松容疑者が凶行直前に褥(しとね)をともにしたA子さんの知人だ。

現役アイドルやレースクイーンが在籍し、六か国語に対応して一晩数百万円も使う海外のVIP顧客をもつデリヘル『F』。政財界の要人や芸能・スポーツ選手もご用達の、まさに最高級デリヘルだ。その『F』に在籍するA子さんは、7月25日の深夜、新宿のアジアンリゾート風高級ラブホテルに「出勤」して、植松容疑者を接客した。

これまで判明した植松容疑者の犯行までの行動は、7月25日に凶器を購入後、知人女性と焼き肉店で食事し、その女性と別れてホテル滞在後、翌26日午前2時ごろに犯行現場に侵入。このホテル滞在とはラブホテルであり、その目的は風俗嬢を呼ぶことだったのだ。

このホテルの関係者によれば、植松容疑者は22時ごろにホテル入室。2万円を超える部屋を押さえ、その約1時間後に「切れ長の目をした銀座のホステス風の、服の上からでもわかるほどの巨乳美女」(ホテル関係者)が入っていったという。

前出のA子さんの知人が言う。

「このデリヘルにはファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーの3コースがあるのですが、植松が選んだのはプレミアムエコノミー。それでも1時間で8万円です。A子は部屋に入るなり、何か甘い臭いがして、後で植松が大麻をやっていたと報道で知り、やっぱりと思ったそうです。『(有名情報サイトの)デリヘルタウンを見た。思い出にしたい』と言っていたそうです。ちゃんと本名の『植松』名で予約したらしいですよ」