なぜ女子マネは甲子園のグラウンドから"排除"されたのか〜高校野球は日本の「神事」!?
不可解な「女人禁制」の謎を解く
〔photo〕iStock

文/堀井憲一郎(コラムニスト)

なぜ女子マネは排除されたのか?

この夏、高校野球大会の甲子園での公式練習で、女子マネージャーがグラウンドから排除される、というニュースがあった。

不思議な出来事である。

おそらく「とても日本的なもの」が根本にあり、「日本的なことは、言葉で説明されることがない」という事態が重なり、奇妙な現象となったのだろう。

表面的な問題点は「高校野球は、頑として女性を受け入れていない」というところにある。

おそらく、そこに明確な理由はない。

大会運営側は、「参加者は男子に規定している」から、と説明している。そのあと「体力差のある女子がケガを負う可能性のある状況を作りたくない」とのコメントがついてくる。あまり納得できる説明ではない。おそらく「若いオスより若いメスの身を守ったほうがいいでしょう」というコメントで同意を得ようとして、失敗しただけだろう。何の説明にもなっていない。

* * *

女子マネージャーをグラウンドに入れたほうの心持ちも、よくわからない。

「ご褒美として入れてあげたかった」と監督は言っているが、それはおそらく女子マネージャーを抱えるすべてのチーム責任者がおもっていることである。なぜ、あなたたちだけが敢えてそこに踏み込んだのか。その説明にはなっていない。

女子マネージャーにも少し違和感があった。

彼女は真新しいユニフォームに身を包み、大きなボールバックを肩から下げ、ロングヘアーをなびかせて、ノッカーにノックボールを渡していた。

ちなみに「公式練習」でのことである。

甲子園出場校は、本大会の前(本年だと開会式が8月7日で、その前の8月1日から4日まで)に甲子園球場を使って公式練習をおこなう。参加49校が、1校30分間ずつ、甲子園球場を借り切って練習する。

女子マネージャーは、帽子のうしろからロングヘアーをたなびかせてグラウンドに立っていて、女子高生らしく爽やかである。でもなんか変である。

高校の野球部員は必要以上に頭髪が短い。ここの部員はみんなきちんと坊主頭だった。その選手に混じって練習を手伝う女子はロングヘアーをたなびかせない、というものではないのだろうか。「いかにも女性である」という風体で、練習を手伝われるとふつう選手は困惑する。

でも彼女は、甲子園球場ではロングヘアーをたなびかせて、ノックボールを渡している。

この女子マネージャーが甲子園に立っている写真を、うちの女性スタッフに見せたとき、「この子、手首にヘアゴムを複数巻いてますね」、と見つけ、それで髪を留めればいいのに、と指摘してくれた。でも留めていない。

忖度するに、彼女なりに「聖地甲子園に立つための正装」という気持ちがあったのではないか。あくまで想像ではあるが。

三者それぞれ、言葉にできないものを抱えているのだろう。黒澤明の映画「羅生門」のようである。三人三様、同じ現場にいたのだが、三人とも何かの理由で真実を語っていない。