科学 環境・エネルギー
夢の新エネルギーが実現!? 日本が世界に誇る科学技術「人工光合成」とは何か
〔PHOTO〕iStock

自然に学び、自然を超える

生物に必要な地球上の酸素とエネルギーは、植物や藻類が長い時間をかけて、「光合成」と呼ばれる太陽光を利用した光化学反応によって蓄積されてきた。

近い将来直面する環境・エネルギー問題はやはり、太陽と水だけでエネルギーを創り出し、二酸化炭素を再利用するクリーンな「人工光合成」に頼るしかないのか?!

生物の進化を支えてきた光合成のしくみから、夢の新エネルギーを実現するための要素技術までをわかりやすく解説する。

はじめに

毎年のように、「今年はどうしてこんなに暑いのか」「今年の雪は例年になく深い」「異常気象ではないか」などと感じるのは筆者ばかりではないらしい。

ニュースに耳をそばだてながら、自身が年齢を重ね、体力が低下して温度変化に対応できないのかと自戒するむきもあろうが、観測の結果は実際に地球の温度上昇を示しているという。

スウェーデンのアレニウスは、電解質に関する業績でノーベル化学賞を受賞(1903年)しているが、非常に多才な科学者で大気の温暖化と二酸化炭素濃度とについて初めて考察し、その推算式も提案している。

大気中の二酸化炭素濃度が増加するとその保温効果で大気温が上昇すると考察したのだ。この影響だろうか、文学にも登場する。宮澤賢治『グスコーブドリの伝記』に二酸化炭素による温暖化がでてくる。