ヤンキースに起きた「大異変」〜優勝をあきらめ、歴史的決断を下した?
(田中将大は奮闘しているが、ヤンキースの今季のプレーオフ進出はすでに難しくなった Photo By Gemini Keez)

8月1日から始まったサブウェイシリーズ――。ヤンキース、メッツというニューヨークのチーム同士が激突する4連戦は、例年通り2球場に多くの観客を動員した。

しかし、ヤンキースのクラブハウスに漂う雰囲気は普段とはかなり違うものだった。
 
1日に迎えたMLBトレード期限を前に、105マイルの速球を投げるアロルディス・チャップマン、今季も球宴に選ばれたリリーフ左腕アンドリュー・ミラー、22本塁打を放っていたカルロス・ベルトラン、7勝を挙げていたイバン・ノバといった主力を次々と放出。

今季の優勝をあきらめ、“チーム解体”と呼んでも大げさではない大掛かりなファイヤーセールを敢行した。見返りに数多くの若手プロスペクト(有望株)を獲得し、このチームらしくない方法で将来に備え始めたのである。
 
「白旗をあげたわけではない」。7月25日にチャップマンをトレードした際には、ブライアン・キャッシュマンGMはまだそう語っていた。しかし、31日まで地区最下位レイズとの3連戦に3連敗。この時点で52勝52敗となり、首位に7ゲーム、ワイルドカードまで5.5ゲーム差を付けられてしまった。ここでフロントはついに決断を余儀なくされたのだろう。

(36歳になったCCサバシアにももう往年の力はない Photo By Gemini Keez)

「このチームは向上し、勝ち星を重ね始めていた。しかし、そこで再び不安定になり、タンパベイで(のレイズ戦で)3連敗を喫してしまった。プレーオフに出るようなチームならそんなことはないはずなんだ」

ミラー、ベルトランをトレードした後の会見では、GMはそう語って今季のヤンキースの力不足を認めていた。一連の動きの後で、過去4年間で3度目のプレーオフ逸は確実。

だとすればベテランを起用し続ける理由はない。今後、長くチームの看板だったアレックス・ロドリゲスの契約バイアウト(買い取り)も近いと囁かれる。今年で契約切れのマーク・テシェイラの立場も微妙。特にロースターが拡大される9月には、消化ゲームの中で多くの若手選手たちが登用されるに違いない。
 
ヤンキースが売り手にまわる姿を目の当たりにして、ふと寂しさもよぎる。かつて、このチームは強かった。毎年のようにオフ、シーズン中に大型補強を重ね、常勝軍団はプレーオフ争いに絡み続けた。
 
「長きに渡り、常に優勝が狙えるチームであり続けたことを誇りに思っている。素晴らしい時代を築いてくれた。今やろうとしていることを恥ずかしく思う必要はない」
キャッシュマンの言葉は余りにも正しい。新陳代謝の激しい米スポーツ界において、過去23年は常にポストシーズンへ進出するか、少なくとも9月までプレーオフが狙える位置にいたことは驚異である。“悪の帝国”というやっかみの形容は、裏を返せば周囲のライバルからの最大限のリスペクトだった。