偏差値78のAV男優が語る「セックス幸福論」~ブサメンがモテ男になるための「5段階」とは?
森林原人×二村ヒトシ【第1回】
森林原人,二村ヒトシ

「名家」の結婚式に呼ばれ

二村: ところで、筑駒OBには有名な方がたくさんいますよね。

森林: いま世間に一番名前を知られているのは日銀総裁の黒田東彦さんでしょうね。

二村: 同期で有名になっている人はいますか?

森林: 経済学者の安田洋祐君はテレビによく出ているので、同期では一番有名だと思います。彼は東大を首席で卒業して、プリンストン大学に留学して、今は大阪大学の准教授をしています。

それから小島武仁君という同級生はハーバード大学に留学して、ノーベル経済学賞を受賞した先生の下について勉強して、今はスタンフォード大学の准教授です。

彼らから僕を見れば、「お前は一体何をやっているんだ」という感じでしょうね。

二村: でも、うらやましがられることもあるでしょ?

森林: 四十過ぎくらいの先輩方には結構うらやましがられますね。母校の文化祭を見に行ったあとにOBで集まることがあるのですが、その席でたとえば医者をしている先輩に、「俺は女にモテるために医者になった。でも結局、一番セックスをしているのはお前だ。俺は人生を間違ったのか」と(笑)。

二村: なにしろ8000人斬りですからね。

森林: 先輩といえば、去年ある先輩の結婚式の二次会に呼ばれたんです。その人は東大を出て、官僚になって、そのあとの彼の人生についてはここでは伏せておきますが、結婚したお相手が名家の女性なんです。

二村: うふふふ。

森林: 元官僚と名家の結婚式ですから、披露宴にはもちろん呼ばれませんでした。でも、二次会に来て余興をやってくれと言われたんです。

二村: その先輩とは親しかったの?

森林: すごく親しいわけではないですが、お互いに知っていて「お前、がんばっているな」という感じで声をかけてもらっていました。だから二次会に来てくれと頼まれたときは喜んで出かけて行きました。