山田哲人と清宮幸太郎「巨大な可能性」を、「正しい」ホームラン打者像から考える

打った瞬間、入ったと思った。いやはや、すごい逸材が現れたものだ。
 
右翼手も、その瞬間、追うのを諦めた……ように見えた。ところが、途中から打球に合わせるようにして、追い始める。えっ? ウソだろ、入るだろ? フェンス手前まで追って構えて、キャッチ。結局、ライトフライに終わった。
 
7月23日。全国高校野球選手権西東京大会準々決勝、早稲田実業-八王子学園八王子の一戦である。6-3と八王子がリードして迎えた9回表、早実の攻撃でのことだ。1死一、三塁で3番・清宮幸太郎という、絶好のチャンスを迎える。
 
ホームランなら同点。そうなれば、流れからいって、早実の逆転勝利になる可能性が高い。清宮自身、「アウトかホームランと思って打席に入った」という。
 
その初球。八王子のピッチャー米原大地はインローへストレートを投じる。それを、清宮は、ものの見事にとらえたのだが、結果は犠飛。6-4で八王子が勝利したのである。
 
では、何が起こったのか。右翼手の保條友義はこう言っている。

「入ったと思ったら(打球が)戻ってきたんです」(「日刊スポーツ」7月26日付)
 
このとき、神宮球場は、センターからホームに向かって、かなりの強風が吹いていたのだ。

「狙ったところに来たけど、ミスショットした。(ボールの)下を捉えすぎて上がり過ぎてしまった」(「スポーツニッポン」7月24日付)というのが、清宮の弁である。
 
結果を見れば、そうなのかもしれない。逆風が吹いているのだから、低い弾道の打球を打たないと押し戻される、と考えるべきなのかもしれない。しかし、打った瞬間は、誰もが、行ったと思ったはずである。それくらい、大きな可能性を秘めた打球だったことも事実だ。この可能性の行く末を、目撃し続けたいと、切に思う。