(c) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
VR
驚速で進化する「VR」の現在〜現実と仮想の境界が溶けつつある!?
コヤ所長インタビュー(2)

VR=ヴァーチャル・リアリティ。古くからあるこの技術が、いま大注目を集めている。いったいなぜか? VRは私たちをどこへ連れて行くのか?

期間限定でお台場で開催されていた「VR ZONE」でVRを体験し、大いに取り乱した作家・海猫沢めろんさんが、開発者である(株)バンダイナムコエンターテインメントのコヤ所長に、「VRの核心」を聞いた。【第2回】(→第1回はこちら

VR ZONEにて「アーガイルシフト」を楽しむ海猫沢めろんさん

ドームスクリーンとVRの違い

——VRがなぜ急にビジネスとして出てきたのか、ポイントが二つあると思うんです。一つは視野の広さ。もう一つは先ほどおっしゃっていた描画速度の問題。これはソニーの方が言っていたんですけど、景色の書き換えなんかは0.02秒以上でやらないと、偽物に見えてしまうそうなんです。

コヤ そうですね。

——最初に実用に耐えうるVR機器が出たのっていつくらいでしょうか。

コヤ オキュラスDK2が出て、75フレームで動けるようになってからです。

オキュラスDK2(Development Kit 2)〔photo〕gettyimages

——DK2は2014年7月に出たので、本当にすごい最近ですね。確か、VRに関する特許も2010年から増えているみたいなので、今がまさに過渡期でしょうね。

コヤ その前に、オキュラスDK1をアメリカのショーで展示しているときに、うちの「機動戦士ガンダム 戦場の絆」(注:ドームクリーン式の対戦ゲーム)のチームが直接借りてきたんです。それで、「戦場の絆」をそのまんま、当時のオキュラスに映し出そうとした。

「どのくらいでできるの?」と聞いたら、「同じだから1ヵ月でできます」と言ってて、本当に1ヵ月でできた。

——じゃあ、その時点で、VRで「戦場の絆」はできたんですね?

コヤ できていました。いまから3、4年前です。そのまんまを映して、「あ、そのまんまだ」って(笑)。

——つまり、今みたいな脳レベルで自分が動いてる感覚になるVRじゃなくて、VR空間の中でテレビ見ているみたいなことですね(笑)。

コヤ そのとおりなんです! つくってみてわかったんです。たしかにそうだよね、と。一部は立体に見えるけど、はじっこのザクはペタンとしてるぞ、みたいな。

——それはたしかにリアリティないですね。

 

コヤ だから、ガンダムをそのまんまやっただけだとそうなる。でもそれはそれで正しいんです。本物のモビルスーツの中は、立体視がないので、平面のディスプレイなんですね。

——VR ZONEで「アーガイルシフト」に入った時に、アイネたん(注:戦闘支援ヒューマノイド)がいて、なんかすごく「いる感じ」がしたんですが、どうしてでしょうか?

すぐそばに「アイネたん」がいる!(c) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

コヤ 「アーガイルシフト」は「戦場の絆」の反省もあって、ちゃんと立体に見えるようにしました。モニタを見るんじゃなくて、窓から外を見ているような感じです。ヘリコプターの窓から外を見るのと同じ設定で、敵のロボットが見えるので、立体空間の中で戦っている感じがするんです。

——なるほど、そういうことですか。

コヤ ドームスクリーンはVRではあるんだけど、立体視にしないと限界があるということです。