まさか銀行がダマすわけが…あった!大損する被害続出、この保険商品を買ってはいけません
覆面取材もしてみた
「ニーズに合わせた保険設計」「プロが相談」などと謳うが〔PHOTO〕gettyimages

退職金が振り込まれたタイミングを見計らって営業攻勢、相手はあなたの懐具合を知っている。

銀行が騙すわけがない。銀行が変な商品を売りつけてくるはずがない。そう「過信」している人は、気をつけたほうがいい。銀行員を信じたため、人生計画が狂った人たちの「実話」を紹介しよう。

「利率がいい」と誘う

まずは国民生活センターの現役職員が、最近寄せられたという「相談事例」の中身を明かす。

「今春に70代の男性から、『銀行から買った保険で損を被りそうだ』と相談を受けました。

発端は、口座を持っていた支店の行員が自宅を訪ねてきて、『定期預金よりも利率がいい商品がある』と持ちかけられたことでした。そこで薦められたのが豪ドル建ての一時払い終身保険。『豪ドルはあまり変動がないので、安心して取引ができますよ』と」

契約期間は10年間なので、満期時には男性は80代。男性は、「万が一」を考えて契約を3年区切りにし、急なおカネの必要が出た時には「解約」をするという旨をあらかじめ銀行員に伝えた。

慎重に慎重を重ねて契約時には娘にも立ち会ってもらったうえで、約2000万円を一括払いして終身保険を契約。それから3年が経って、やはりおカネが必要になったので、解約の相談をしに行ったところ—。

「銀行員からは、いま解約すると1500万円程度しか戻ってこないし、解約手数料に400万円がかかると言われたそうです。男性によれば、高額な解約手数料については何ら説明を受けていなかった。それで『納得がいかない』と、センターに相談されたわけです」(前出・国セン職員)