エンタメ

東京中を破壊するゴジラが、いつも素通りする場所とは? 「シン・ゴジラ」が暗示する日本のあやうさ

中川 右介 プロフィール

動かなくなったゴジラが暗示するもの

偶然ではあるが、いま、『太陽の蓋』という3.11原発事故を描いた映画が公開されている(http://taiyounofuta.com/)。

この作品では、菅直人を三田村邦彦が演じ、枝野官房長官、福山官房副長官などが実名で登場し、当時の首相官邸の様子を再現している。

かたや想像力と巨額の製作費を駆使して作り上げたフィクション、かたや事実に立脚した低予算のドキュメンタリータッチの映画だが、その両方で「巨大な、未曾有の敵と遭遇した日本政府」が描かれており、比較してみると、面白い。

虚構である『シン・ゴジラ』での日本政府の対応は、政治家側の初動時の判断ミスはいくつもあるにしろ、かなりうまくいっている。

現実には、しかし、ああはうまくいかないことが、『太陽の蓋』では描かれる。それでも、日本が現実の原発事故で壊滅しなかったのは、「運が良かった」にすぎない。

『シン・ゴジラ』では、日本人ががんばったから助かったという美談となる。

長谷川や竹野内が演じるような政治家たちが実在したとしても、足を引っ張る勢力は必ずいて、彼らにフリーハンドは与えられないだろう。

そんなことも考えてしまう。

ゴジラは、科学チームの努力と、自衛隊の決死の作業のおかげで活動を停止して、映画は終わる。

その動かなくなったゴジラの姿は、福島第一原発のいまの姿と重なる。

東宝の「英断」

1954年の『ゴジラ』の監督である本多猪四郎も、特技監督時の円谷英二もとっくにこの世の人ではない。

そして音楽を担当した伊福部昭も、もういない。

ところが『シン・ゴジラ』では、伊福部が作曲した音楽がゴジラの登場とともに鳴り響くのだ。

たしかに、ゴジラには伊福部の音楽以外はイメージしにくいが、これは何を意味しているのだろう。