サッカー オリンピック
リオ五輪、手倉森ジャパンはこう戦う〜エース久保「招集拒否」の影響
相手にボールを持たせてナンボ
wikipedia

リオデジャネイロ五輪が間もなく幕を開けます。手倉森誠監督率いるU-23日本代表は31日にU-23ブラジル代表と親善試合を行ったのち、8月5日にU-23ナイジェリア代表との初戦を迎えます。

手倉森ジャパンのリオでの戦い方

27日の夜にスイス・ヤングボーイズがFW久保裕也のリオ五輪への派遣を拒否する意向を公式ホームページで発表しました。主力FWが負傷したことが理由だそうです。

久保は手倉森ジャパンにおいて攻撃の中心となるのは間違いなかったはず。霜田正浩ナショナルチームダイレクターがクラブとの話し合いのため渡欧したので、交渉結果を待つしかないでしょう。五輪では代表側に選手の拘束権がないので、こればかりは仕方ないことです。

今回のU-23日本代表は特定のキープレーヤーを置くより、いかにチームでうまく戦うかだと思います。奪ってから速く攻めることができるか――。この点にかかっているでしょう。実際、手倉森監督もメンバー発表会見で「守る時間が多くなると思う」と語っていました。

ブラジル入りしてからも、カウンターの練習を行っているようです。速攻を仕掛けるためにFW興梠慎三とコンビを組むことが予想されるFW浅野拓磨、そして左右どちらかのサイドハーフを高い位置に残しておくことが重要です。日本がボールを奪った瞬間にこの3人の動きが被らないように連携を構築できれば十分、得点のチャンスは作れると思います。

反対にボールポゼッションを高めようと遅攻しか仕掛けられない状況だと日本の得点する可能性は低くなるでしょう。戦うのは世界レベルの相手です。ポゼッションを無理に高めようとするよりは、“相手にボールを持たせておびき寄せる”くらいが、ちょうどいいと思います。

27日に合宿地アラカジュで地元クラブと練習試合を行い、開始早々に興梠が1点を奪った後、同点に追いつかれて1-1に終わりました。追いつかれたことは決して褒められることではないですが、先制パンチを浴びせることができたのは収穫だったと言えます。あとはDF陣の横の連携を高めて抜け目なくカバーができる体制を構築してほしいです。