磯山友幸「経済ニュースの裏側」
2016年08月02日(火) 磯山 友幸

ピーク時と比べてほぼ半減…ガソリンスタンド消滅時代がやってくる!

【PHOTO】gettyimages

こんなに儲からなくなった

ガソリンスタンドの減少が止まらない。経済産業省が発表した今年3月末の全国の給油所数は3万2333カ所と、1年前に比べて1177カ所、率にして3.5%も減少した。ピークだった20年前には6万カ所を超す給油所があり、ほぼ半減している。

どこへ行ってもガソリンスタンドがある、という状態が大きく変わっている。高速道路ですら100キロ以上にわたって給油所がない場所が80カ所以上存在するとされ、市町村でも給油所の激減で、生活に支障をきたしかねない状況に追い込まれているところも出始めた。

なぜガソリンスタンドの減少が止まらないのか。ハイブリッド車の普及などで、ガソリン消費量が減っていることが一因とされる。確かにガソリンの国内販売量は減少傾向だが、販売量が激減しているわけではない。2015年のガソリン販売量は5311万キロリットル。前年比で0.9%の減少だったが、年度でみると若干プラスに転じている。販売量が激減したからガソリンスタンドを閉めているということでは必ずしもないようだ。

最大の要因はガソリンスタンド経営が成り立たなくなってきたからだ。原油価格の下落もあって、ガソリン価格が下がったため、利幅が小さくなったことが大きい。つまり儲からなくなったのだ。

同じ経産省の調査で、揮発油販売業者の数は1万5574事業者と1年間で855も減少している。業者自体がつぶれているのだ。

揮発油販売業者にしても、給油所にしても、法律に基づいて届け出することが義務付けられており、廃止する場合にも手続きが必要だ。ところが、給油所を廃止して年数が経っているにもかかわらず、廃止手続きをしないまま、連絡がつかない事業者が頻発。各地の経済産業局が職権で廃止手続きするケースが相次いでいる。

国道脇に入り口をロープで仕切ったまま、草ボウボウになっている給油所などを見かけるが、業者が廃業して放ったらかしになっている給油所も少なくないわけだ。

ガソリンスタンドが儲からなくなったことは、ガソリンを卸している石油元売り会社の業績をみれば一目瞭然だ。2016年3月期のJXホールディングスの業績は、最終赤字が2785億円に達した。出光興産も359億円の赤字、コスモエネルギーホールディングスも502億円の赤字となった。消費量が伸びないところへ、原油価格の低迷で、採算が悪化したのだ。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS