一度やったら、もう普通の生活に戻れない「手術と薬」〜60すぎたら、医者にすすめられても拒否しなさい!
〔PHOTO〕gettyimages

糖尿病のジャヌビアやアマリールでうつ病に 高血圧のディオバンで寝たきりの危機 コレステロールのクレストールの後遺症 前立腺肥大の手術で勃起不全 白内障手術で失明 膝の人工関節で車椅子にほか

降圧剤を飲んで脳梗塞に

「2年ほど前に血圧が高いので、降圧剤のミカルディスを処方されるようになりました。しかし、飲み始めて2ヵ月あまりで脳梗塞を起こし、入院しました。幸い大事にはいたらず、3週間ほどで退院できました。

週刊現代の薬に関する記事を読んで、あの時、脳梗塞になったことの一因に血圧を下げ過ぎたことがあったのではないかと思うようになりました。同じことをくり返すのは怖いので、いまでは医者と相談して降圧剤を飲むのをやめ、バイアスピリンなど血液をサラサラにする薬だけを飲んでいます。毎日飲む薬が減って、心なしか、前より健康になった気がします」(大山明人さん/72歳・仮名)

いま本誌編集部にはこのような読者からの便りが続々と届いている。長年飲み続けていた薬をやめたら、めまいやふらつきがなくなった。喉が渇く、筋肉痛などの症状が消えた—いままで薬のせいだとは意識していなかったものが、薬をやめてみて初めて副作用だとわかったというケースも多い。

これまで本誌は7回にわたって、飲み続けると危ない薬や実は危険度の高い手術について報じてきた。今回はこれまで本誌で紹介した薬と手術100例を表にまとめた。

まずは生活習慣病薬から見て行こう。糖尿病の薬はDPP-4阻害薬、SU剤(スルホニル尿素剤)、チアゾリジン系、SGLT2阻害薬など種類が多い。さまざまなタイプの薬を併用する場合もあるが、血糖値を下げ過ぎることはかえって危ない。

「低血糖になりすぎると脳の機能に異常が出て、めまいや動悸などが現れることもあります。ひどい場合は命に関わることもあります」(新潟大学名誉教授・岡田正彦氏)