【アソコを切って、アレを取る…】男が女になるのは、こんなに痛くてツラいんです~元男性作家が、前代未聞のルポ漫画を描いた理由

「よく誤解されていることですが、性別適合手術は、ただ男性のモノをチョンぎるわけではありません。いくつか術式がありますが、基本は今あるもので女性器を造り直します」

「とりあえずうずらの卵はいらないので取り出します」

「次にソーセージを切り開き、中身を取り除き、皮と切り離します」

「ただ、もちろん造膣なしでは外見だけなので機能的なものはありません。早い話…このままでは男性との性交渉はできないです」

性別適合手術(SRS)について、ここまでリアルかつ詳細に描いた作品が他にあっただろうか(しかもイラスト付きで)!

元男性の漫画家が、性別適合手術を受けて女性になるまでの体験を描いた『僕が私になるために』が話題となっている。

社会人になって、自分は性同一性障害(GID)ではないかという疑いに向き合った作者が病院の精神科に通い、タイで性別適合手術を受けるまでの一部始終が赤裸々に明かされる、前代未聞のエッセイ漫画はなぜ生まれたのか。作者の平沢ゆうな先生に話を聞いた(手術シーンが描かれた第三話の特別公開はこちらをクリックhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/49307)。

変わるための苦しさを伝えたかった

確かに、手術のシーンはリアルに描き過ぎたかもしれませんね。男性読者があのシーンを読めば、相当なショックと強い痛みを感じるのではないでしょうか(笑)。そこまで生々しい部分を描いてもいいのかどうか、迷ったところもあったんですが、性別を変えるということは、物理的にも精神的にも、これだけ大変なことなんだ、という現実を知ってほしいという気持ちがありました。

だからこそ、手術時の様子はもちろん、リハビリがどれだけ過酷か、また、幻肢痛(失ったはず体の部位に、痛みを感じること)がどれだけ苦しいか、ということもすべてありのままに描いたんです。

実は私は、社会人になるまでは、自分が性同一性障害(GID)かどうかは自信がありませんでした。GIDにも様々なタイプの方がいて、たとえば鏡を見ているときに『自分は男だけど、本当は女だな』と確信を持てる人もいれば、持てない人もいる。性格の違いというか、違和感への認識の差というか…。

私の場合は、後者でした。大学生まで、普通の、あるいはちょっと変わった男の子として生活して、特に違和感を覚えることもなかったんです。時々「女の子になれたらな」と漠然と思うことはあっても、友達にそれとなく話してみると「俺だって、女になりたいときぐらいあるよ」と返ってくる。だから、思春期特有の感情の揺れ、としか思わなかったんです。