企業・経営 世界経済 AI アメリカ
グーグルの基礎研究所「X」が講じた奇策~成果を出すためにこんなことまで!?
「ムーン・ショット」プロジェクトの難しさ
〔PHOTO〕gettyimages

次なるビッグ・アイディアを、実利を産むビジネスに育て上げるにはどうすればいいのか――検索と広告事業からの脱皮を図ろうとするグーグルが、悩み、試行錯誤する様子がこの程、明らかになった。

●“They Promised Us Jet Packs. They Promised the Bosses Profit. The New York Times, JULY 23, 2016

「X」の成績

グーグルは今から約1年前に大規模な組織改革を断行し、持ち株会社アルファベットの傘下に(元々の本業とも言える「検索と広告」事業を営む)グーグルをはじめ多数の企業を抱える、企業複合体へと生まれ変わった。

それら傘下企業の中でも、特に大きな期待を集めていたのが「X」だ。この組織は元々、2010年にグーグル(当時)の基礎研究部門「グーグルX」として立ち上げられ、昨年の組織改編に伴いアルファベット傘下の一企業「X」となった。その役割は単なる基礎研究というより、そこで生まれた数々の研究成果を実ビジネスへと育て上げ、最終的には分社化させることにある。

が、これまでのところ、その成績は思わしくない。たとえばAR(拡張現実)用に開発された「グーグル・グラス」、スマート・ホーム技術を提供する「ネスト」、さらには(2013年に買収した)「ボストン・ダイナミクス」をはじめとする次世代ロボット開発など、これまでXが手掛けた数々のプロジェクトは、いずれもビジネス化以前に暗礁に乗り上げ、プロジェクトの大幅縮小へと追い込まれた。

これらは、いわゆる「ムーン・ショット(月ロケットの打ち上げ)」と呼ばれるSF的なプロジェクトで、そうそう簡単にビジネス化できないことは、当初から誰の目にも明らかだった。また、いずれもグーグル本来の検索・広告ビジネスとは全く異なる分野である。