エンタメ アメリカ テロ
やなぎみわの「移動舞台車」が横浜に残したもの~忘れられた歴史を掘り起こす、ある試みを追う
野外演劇『日輪の翼』
『日輪の翼』横浜公演(筆者撮影)

美術作家・やなぎみわによる野外演劇『日輪の翼』の横浜公演が終わり、先月の連載で紹介したやなぎの「移動舞台車」は、次の関西公演に向けて走り去った。

作品の力に圧倒され、二度にわたって観劇した筆者は、その魅力を伝えるべく記事を書き始めたが、自分の筆の遅さに焦燥するうちに、あっけなく千秋楽が終わってしまったわけだ。

演劇は、公演のたびにたくさんの人を雇い、場所を確保し、設備を調達して、じつに大掛かりなものを立ち上げるが、幕が降りればすべて解体してしまう。社会に流通する商品として形を残さない演劇の、そんな儚い残影を、文筆で捕らえるのは難しい。

だが、発生した途端に蒸発してしまう作品こそが、まさしく『日輪の翼』で、やなぎが目指したことではないか。そして、形を残さない「無形」のミディアム(表現媒体)である演劇は、じつはほかのミディアムとは根本的に異なる価値を持ち得るのではないか?

そう思えてならない筆者は、己の遅筆を悔やみながら、移動舞台車の後を追いかける。

形を残さない「声」という表現

90年代以降、主にその写真作品で知られてきたやなぎみわだが、近年になって演劇を発表し始める以前からも、じつは染織、リトグラフ、映像など、つねに多種多様なミディアムを駆使してきたと、先月の連載で書いた。そんな美術作家が、ここにきて、演劇という手法にどのような可能性を見出したのだろうか。

演劇の魅力を問われて、やなぎはあるインタビューでこう答えている。

「もちろん舞台装置や照明も大事なんですけど、演劇って突き詰めると声ですからね」

舞台装置や照明のほかにも、演者、戯曲、衣装など、キャリアとして演劇を追求してきた者なら真っ先に挙げそうな要素をすべて差し置いて、「声」と述べるのは、ミディアムの境界線を縦横無尽に駆けてきたやなぎ特有の回答である。

確かに、やなぎみわの演劇には「声」が欠かせない。

『日輪の翼』横浜公演〔PHOTO〕bozzo

中上健次の小説を原作に据える『日輪の翼』は、紀伊半島熊野の被差別部落が解体され、故郷を追われた老婆たちが、冷凍トレーラーを運転する若者に連れられて、日本列島を縦断する姿を描く。熊野というロケーションを失い、動き続けることでしか存続できなくなった人々の歴史に埋もれた物語を、やなぎは掘り起こす。

被差別部落を「路地」と呼んだ中上の、「路地はどこにでもある」という言葉を体現するかのように、やなぎは、路地の生き字引である老婆たちに、旅の先々で、路地について語らせ、そして詠わせる。

横浜公演に寄せて、彼女はこう書いている。

「旅の空で御詠歌をうたう老婆たちはアオイドスの系譜者だ。文盲の彼女たちの歌や言葉は、形を残さない『声』という表現によって歴史を召喚し伝承する」

アオイドスとは、古代ギリシャの言葉で「歌い手」を意味する。『イリアス』や『オデュッセイア』を口承した吟遊詩人たちのように、文字ではなく、「声」によって歴史を紡いできた文盲の歌い手に、老婆たちの姿を重ねているのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら