選挙 行政・自治体
ジャーナリストをダマした経験のある筆者だからわかる、鳥越氏の「決定的な弱点」
【PHOTO】gettyimages

失速、鳥越氏

いよいよ東京都知事選は残すところあと1週間になった。世論調査では、

<読売新聞>小池・増田氏競り合い、鳥越氏が追う
<日経新聞>小池氏先頭に終盤なお接戦
<中日新聞>小池氏がリード
<JNN>小池氏を増田氏が追う展開

となっている(それぞれのURLは最終ページに記載。以下も同じ)。ちなみに1週間前は、以下の通りだった。

<毎日新聞>小池氏、鳥越氏競り合い 増田氏が追う
<日経新聞>小池氏が序盤先行 鳥越・増田氏が追う
<産経新聞>小池百合子氏、一歩リード 鳥越俊太郎氏、増田寛也氏が急追
<共同通信社>小池氏と鳥越氏が競る 増田氏追走

ここに来て、鳥越氏の勢いがなくなっている。先週の本コラムで、「鳥越氏の化けの皮が徐々にはげていくのではないだろうか」と書いたが、その通りになっている。街頭演説の少なさと政策に対する準備不足を指摘したが、それが、覇気のなさや若さがないというマイナスイメージが効いているのだろう。

さらに、先週21日発売の週刊文春で、『鳥越俊太郎 都知事候補「女子大生淫行」疑惑』と報じられた。(http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1071032)。これも、鳥越氏のマイナスイメージを大きくしている。

実は、この話は、大学関係者ならかなりの人が知っている「都市伝説」である。週刊誌では、有名私立大学と書かれているが、都市伝説ではその大学とは上智大学とされており、ゆえに上智大学重大事件といわれているそうだ(実際、このワードはネット上でも散見される)。

こうした情報に疎い筆者でも知っているのであるから、大学関係者では周知の噂話なのだろう。都市伝説では、上智大学文学部の某教授が、鳥越氏を招いた際に、鳥越氏がその女子学生に迫ったということになっている。

ただし、これはあくまで都市伝説である。その真偽はわからない。もっとも、当時の関係者の名前はかなりわかっているので、取材すれば、どの程度真偽のある話なのかはわかるだろう。

ここまでの話は大学関係者なら誰もが聞いたことがある噂話だが、事情通のマスコミ関係者によれば、鳥越氏の女性問題はこれにとどまらないのではないか、という。いずれ二弾、三弾の記事が出るのでは、ともいう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら