野球
四国アイランドリーグPlus選抜チームが「北米遠征」で得たもの
〔photo〕iStock

初の「レンタル移籍」も決まった

昨年に引き続き、今年も四国アイランドリーグPlus選抜チームを率いて、北米遠征に参加しました。

約3週間に渡って北米強豪の独立リーグ“Can-Am League”に所属する6球団と19試合戦い、結果は8勝11敗。惜しくも勝率5割には届きませんでしたが、内容的にも接戦が多かったので十分な結果だと思います。

昨年は右も左も分からないような状態でしたが、今年はスタッフを多く連れて行ったこともあり、非常に充実した遠征になりました。

目立った活躍をしたのは、3割以上の高打率を残したザック・コルビー(高知)と平間隼人(徳島)です。

ザックは開幕戦でいきなり2ランを放ち、その後も好調を維持したことでカナダのトロワリヴィエール・エーグルスにレンタル移籍が決まりました。7月3日から20日までの短期間ですが、アイランドリーグからCan-Am Leagueへのレンタル移籍は初めてです。

北米遠征で選手たちは刺激をたくさん受けたようで、加藤次郎(香川)は「このまま残りたいです」と言っていました。

彼は残念ながら現地の球団から誘いがなかったので、泣く泣く帰国しましたが、加藤のように海外でのプレーを望む選手はいると思います。今回のザックのレンタル移籍をきっかけに、今後さらにリーグの交流が深まれば嬉しいです。

外国人チームには機動力とコントロールで勝負

今回の遠征を通じて、外国人選手と日本人選手の戦い方の違いを感じました。

外国人バッターは体格が大きくてパワーがあるので、対戦していてホームランでゲームを簡単に引っくり返されることがしばしばありました。日本人選手は体が小さいので、パワーでは到底敵いません。

また、外国人投手が投げる球は速くて重いので、打ってもなかなか飛ばないんです。機動力などを生かした細かい野球で対抗すべきでしょう。