環境・エネルギー 雑誌
ゼロからわかる「EV(電気自動車)」の魅力~アメリカ人が大絶賛するポイントとは?
このふしぎな乗り物が「未来」だ
4月27日時点で約40万台の予約が入っているテスラのモデル3。アメリカでの価格は3万5000ドル(約392万円)。かなりがんばった値つけになった。生産開始は'17年末予定

テスラ3の登場で、ますます注目されるEV。でもコンベンショナルなクルマになじんだ我々にとって、いまだにEVは不思議な乗り物だ。そこでEVに抱く疑問を国沢氏に聞いてみた。

EVって実際走れる距離はどのくらいですか?
また、夏と冬では走れる距離が違うのですか?

こらもう簡単です。電気自動車の航続距離表示は、実燃費と乖離している我が国のJC08モードと同じ測り方をしている。

例えば燃料タンク容量50Lで30km/L走る車種の航続距離の表示をするなら、30×50の1500kmということ。実際そんな走らないワな。ただアメリカで公表されている燃費や航続距離は極めて実力に近い。

参考までに日本じゃ航続距離280kmと表示されるリーフの場合、アメリカだと182km。この数字、実力にかぎりなく近い。他の電気自動車もJC08表示の65%くらいをイメージしておけば間違いないと思う。

また、エアコン使わなければ夏の航続距離大差なし。寒い時期のみヒーター使わなくても10%くらい落ちる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら