オリンピック 医療・健康・食
「性行為でもうつるジカ熱」は、リオ五輪で爆発的に拡散する恐れアリ

【PHOTO】gettyimages

オリンピック不参加を表明した選手たちが、その理由として挙げるジカ熱。ブラジル政府機関やWHOは「心配しすぎ」と安全をアピールするが、ホントのところはどうなのか…。医師でジャーナリストの村中璃子氏の緊急レポート。

ゴルゴ13も警戒!?

体に不釣り合いな小さな頭をした赤ちゃんの写真をみて、衝撃を受けた人も多いだろう。「小頭症」の新生児だ。原因はジカ熱の原因となるジカウイルス。

ジカウイルスは、ヒトスジシマカやネッタイシマカなどの蚊が媒介し、妊婦が感染すると、胎児に「小頭症」などの重篤な神経障害を引き起こす。しかし、直接かかった人のほとんどは無症状で、発症しても症状は、発熱、発疹、関節痛・関節炎などの軽症で、大事を取っていれば回復する。

2015年以前にはアフリカ大陸、東南アジア太平洋諸島の一部で小規模流行が確認されていたジカ熱が、昨年後半から、突然、オリンピックを控えたブラジルを中心に大流行している。

ジカ熱は小頭症だけでなく、ギラン・バレー症候群という神経疾患の原因にもなることがある。ギラン・バレー症候群は、漫画『ゴルゴ13』で主人公のスナイパー、ゴルゴを襲った病としても有名だ。ファンの中には、「右手が動かない……」といって、ゴルゴが拳銃を握れなくなったシーンに覚えのある人もいるだろう。神経、特に運動神経に障害を引き起こす病気で、「手足に力が入らない」という訴えが中心となる。

ギランバレー症候群も、ほとんどの場合、数か月もすれば回復するが、時には呼吸筋が冒されるなどして死に至ることもある。スナイパーであれば商売あがったりだが、オフィスワーク中心の会社員などの場合は入院の必要もなく仕事を続けられることもある。

ちなみに、ギラン・バレー症候群は、カンピロバクターやEBウイルスマイコプラズマなど別の様々な病原体の感染の後に発症することが知られており、ジカ熱もその仲間に加わったことになる。

2016年2月1日、世界保健機関(WHO)もジカ熱について“国際的に流行する危険性があり、国際協調が必要とされる公衆衛生学上の緊急事態(Public Health Emergency of International Concern、PHEIC、フェイク)”を発令。5月28日には専門家150人によるオリンピック開催地変更要請がWHOに対して出されたが(※1)、WHOは「ジカ熱はすでに世界約60か国にまで広がっており、開催地変更を正当化する理由は無い」(※2)としてこれを退けた。