選挙 行政・自治体 日本
過熱する都知事選・候補者の質は、この「3つの質問」で見抜けばいい
【PHOTO】gettyimages

体力も重要な判断基準

都知事選は、先週14日(木)直前まで誰が立候補するのかですったもんだしたが、事実上、鳥越俊太郎氏、増田寛也氏、小池百合子氏の三つどもえになった。鳥越氏は民進党、共産党、社民党、生活の党、増田氏は自民党、公明党、日本のこころを大切にする党が推薦している。

過去の都知事選により東京都知事になった人は8人。安井誠一郎(57)、東竜太郎(66)、美濃部亮吉(63)、鈴木俊一(68)、青島幸男(62)、石原慎太郎(66)、猪瀬直樹(66)、舛添要一(65)。括弧内ははじめて都知事になった年齢である。安井氏を除き60歳代だ。

主要3候補は、鳥越俊太郎(76)、増田寛也(64)、小池百合子(63)。初めての知事年齢という点からみれば、小池氏、増田氏は普通であるが、鳥越氏は初めての70歳代となる。

夏の選挙は、炎天下での演説を強いられるため、この年齢になると過酷だ。都知事の健康は重要なので、選挙戦を戦えるかどうかはその試金石になる。たとえば17日の日程をみてみる。各候補者は、それぞれのfacebookで演説時間、場所を書いているので、それから拾い上げてみよう。

鳥越氏は2カ所(https://www.facebook.com/torigoeshuntaro/?fref=nf

11:00 町田駅北口デッキ
15:00 吉祥寺駅北口

増田氏は9カ所(https://www.facebook.com/masuda.hiroya.tokyo/?fref=nf

8:00 東久留米駅西口
9:00 清瀬駅北口
12:30 選挙事務所→JR立川駅北口
13:00 JR立川駅南口
14:30 昭島駅北口

15:30 満留寿前
17:00 聖蹟桜ヶ丘駅
19:00 町田POPビル前→町田109前
19:40 町田109前

小池氏は6カ所(https://www.facebook.com/yuriko.koike.96/?fref=nf

10:30 後楽園ラクーア前
11:00 ウィンズ後楽園前
13:00 JR秋葉原駅 電気街口前
15:00 浅草雷門前

16:30 砂町銀座商店街入口
18:00 豊洲ららぽーと前

となっている。一日だけの例であるが、こうして「どれだけ演説で回ったか」は候補者の体力を知る一つの指標にはなる。