格闘技
ミドル級最強王者のゴロフキン、なぜ2階級下の選手と対戦するのか?
(ロンドンのリングは凄まじい熱気に包まれるはずだ)

9月10日 ロンドン O2アリーナ
WBA・WBC ・IBF世界ミドル級タイトルマッチ

王者
ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン/34歳/35戦全勝(32KO))
vs.
IBF世界ウェルター級王者
ケル・ブルック(イギリス/30歳/36戦全勝(25KO))
 
世界ミドル級最強の呼称を欲しいままにする怪物王者ゴロフキンが、次戦ではウェルター級の選手と対戦する――。そんなニュースを聴いて驚いたボクシングファンは多かったのではないか。
 
最初に獲得したWBAタイトルを16連続KO防衛中のハードパンチャーが、2階級下のブルックの挑戦を受ける。ゴロフキン絶対有利の前評判は当然で、ブルックの身体を心配する声すら出ているのも仕方ない。

(”避けられている”と自称する選手は商品価値が低いだけのことが多いが、ゴロフキンは本当に恐れられている王者の1人だ)

少なくとも表面上は、この試合は5月7日に行われたサウル・“カネロ”・アルバレス対アミア・カーン戦と似ている。当時はWBCミドル級王座を保持していたカネロが、ウェルター級以上では実績のなかったカーンを壮絶な6ラウンドKOで下した。そのKO劇自体は年間最高ものだったが、このような階級を超えたタイトル戦に難色を示すファンは少なくない。他ならぬ筆者も複数階級制覇より同じ階級内での統一戦に価値を見出す方であり、“飛び級”のタイトル戦はほどほどにして欲しいと常々思っている。
 
ただ、今回のゴロフキン対ブルック戦に関しては、7月上旬に電撃的に発表されて以降、米国内でネガティブな反応は意外なほどに少ない。“カネロ対カーン戦とは似て非なるもの”という冷静な声も聴こえて来る。その理由は、端的に言って以下の2つなのだろう。
 
・対戦相手のオプションが数多くあった5月のカネロと違い、ゴロフキンは本当に強豪から避けられているため、ビッグファイトの選択の余地に乏しい。
・スーパーウェルター級以上での実績はないとはいえ、ブルックはウェルター級現役最強と目されているエリート無敗王者である。