ライフ
なぜ人は、アスリートの言葉に心動かされるのか
(ツール・ド・フランスを走る新城幸也選手 (c) Yuzuru Sunada)

時にプロアスリートの決意や言葉に驚き、感心させられる。

彼らとしては自身の思いを語っているだけなので、特別なことを言っているつもりではないのだろうが、聞き手にはその思いの強さに驚かされ、戸惑うことさえある。
 
先月も、プロロードレーサーの新城幸也からこんな言葉を聞いて唸らされた。

「歩くためではなく、自転車を漕ぐためのリハビリに専念しました。歩くことに多少障がいが残ってもいい、僕はプロロードレーサーですから、漕ぐことを最優先したんです」
 
ご存知、日本を代表するロードレーサーで、世界を舞台に活躍している彼は、2月12日にカタールのレースで落車をし、左大腿骨骨折という大怪我を負った。翌13日には緊急手術。大腿骨の折れた部分をつなぐため、長さ30センチ以上のボルトを脚に通し、支えるためのボルトも3本埋め込んだ。当然、周囲は今シーズンの復帰は厳しく、7月のツール・ド・フランス、8月のリオデジャネイロオリンピックへの出場は不可能だと思われたのだが……。
 
術後は歩くこと、いや立つことさえままならなかった。その状態から、国立スポーツ科学センターでリハビリを開始。「ツールとオリンピックという目標は変わることはなかった」という強い意志をもってリハビリに取り組み、たった2カ月後の4月には自転車に乗る許可をもらえるまでに回復した。翌5月にはトレーニング拠点のあるタイに入り毎日、長距離を走り込んだという。

その総走行距離は同時期に行われていたイタリア一周レース「ジロ・デ・イタリア」の総走行距離を上回っていたとか。そして6月4日に開催された「ツアー・オブ・ジャパン」伊豆ステージで復活優勝を遂げたのである。