エンタメ
3次元よりも美しく、2次元よりも萌える…「2.5次元の世界」をご存じですか?
チケット売り切れが続出

漫画やアニメ、ゲームといった2次元の世界を3次元の役者が演じ、10~40代の女性を中心に人気を得た「2.5次元舞台/ミュージカル」。2000年に10本だった上演本数は、昨年100本を数え、観客動員数は145万人を超えた(ぴあ総研調べ)。

2014年には2.5次元文化の発展を目的とした業界団体・一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会が発足。2020年の東京オリンピックに向けてイベント施設の改修工事が進み、上演場所の確保が難しいと言われる中、同協会は今年3月末までだった2.5次元ミュージカル専用劇場・AiiA 2.5 Theater Tokyo(東京都渋谷区)の運用期間を来年4月末まで延長することを発表した。

今年9月に原作をつとめる漫画『インフェルノ』が2.5次元舞台化予定、同じく原作をつとめる漫画『魔界王子』がミュージカル化、また長年続く『メサイア』シリーズでも原作・ストーリー構成を務める、小説家で漫画原作者の高殿円さんに話をきいた――。


 「テニミュ」が世界を変えた

高殿さんは、2.5次元がここまで成長した理由に、ファンの質の良さをあげる。

「2.5次元、とカテゴライズしてしまうのももう意味のないことかもしれませんが、ファンの方たちは、自分たちが払ったお金が役者さんの給料になり、好きな舞台の続編や新しいタイトルをつくる元手になることを知っています。良いと思ったものにもっとも効果のある方法で還元する方法を知っているのではないでしょうか」

アニメ業界では、DVDやブルーレイのような映像商品やグッズが売れないと制作費を回収できないといわれている。アニメ制作会社に金が落ちなければコンテンツが続かないことはアニメファンの間では周知の事実で、彼らがグッズを購入する理由には、ジャンルの買い支えという面が少なからずある。同様に、無料で楽しめるエンターテイメントが溢れる中、彼女たちは決して安くないチケットを買い、劇場に何度も足を運ぶ。

高殿さんは「ファンの皆さんが熱狂するのは、作品自体が素晴らしいというのは言うまでもありません。しかし重要なのはファンがあまり“裏切られた経験”をしなかったこと」と分析する。

「映画やドラマなど、今までの作品は大人の事情や様々な理由で原作を改変することが当然のように行われてきました。原作を愛し、買い支えてきたファンがいたからこそ実現した映像化なのに、従来のファンを冒涜するようなメディアミックスが常態化していたので、見る側も諦め慣れていました。その考えを打ち払ったのが『テニミュ』。2.5次元の火付け役として今なお愛されているのは、原作を再現するための努力をとにかく惜しまなかったからだと思います」